WRCモンテカルロ:ロバンペラ「自分のペースにビックリ」デイ1コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:ロバンペラ「自分のペースにビックリ」デイ1コメント集 

©Toyota Gazoo Racing WRT

ラリーモンテカルロ、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。日中スタートとなった2021年のラリーモンテカルロ。ワークス勢最年少のロバンペラにとって、2本のステージを終えてトヨタ勢最上位の総合2番手につけた自分のペースは、うれしいサプライズだったようだ。

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■オィット・タナック/総合首位

Hyundai Motorsport GmbH

「スタートでは、モンテカルロのスタートとしてはかなりシンプルのように見えた。日中にスタートしたことはこれまでなかったし、コンディションも安定していた。2本目はカットやマディな場所が増えて、かなり厳しかったしドキっとした場所も多かった。マシンは昨年に比べて安定性が高まったし、フィードバックは間違いなくよくなった。全体的にはウエットコンディションで、ピレリのタイヤもグリップし、いいパフォーマンスだったように感じたが、泥やダートが出ている場所では、ステップがかなり大きかった。このあたりは、また学びながら経験を積まなくてはならない部分」

■ティエリー・ヌービル/総合4位

Hyundai Motorsport GmbH

「初日のステージは、かなりOK。(新コ・ドライバーの)マルティンとマシンに乗って高速で走るのはかなり新しい経験だったので、内容には満足するべきだと思う。一緒にテストに参加できなかったしシェイクダウンもなかったので、どうなるかと思っていたが、うまくいった。車内でのコミュニケーションに関しては、週末を通して改善する部分はあるが、ここまでは彼はよくやっている。大きなリスクを負うことなく、いいリズムでドライブすることができた。最初のステージはよかったが、2本目ではタイムをロスし過ぎたかもしれない。明日はもっと長く、トリッキーな1日になるし、タイヤチョイスも難しくなると予想している。楽しみだよ」

■ダニ・ソルド/総合6位

Hyundai Motorsport GmbH

「願っていたような滑り出しにはできなかった。最初のステージ前から、マシンに何か違和感を感じていた。これまで聞いたことのないようなノイズが出ていた。たぶん、デファレンシャルから。しっかり装着されていないような感じの音だった。何が原因なのか、チェックしなくてはならない。とても長いラリーだし、明日はコンディションが変わると予想しているが、正直、今日はもっといい内容にしたかった。最初のステージはいい走りができるという自信があっただけに、何かが違うと思った。プッシュを続けなくてはならない」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■カッレ・ロバンペラ/総合2位
「最初のループのフィーリングはグッド。1本目はかなりよかった。新しいピレリタイヤでウエットの舗装を走るのは初めてだったが、フィーリングはよかった。2本目はアイスがあってかなりトリッキーだったが、そこでもペースはかなりよかったし、あのチャレンジを楽しめた。それほど速かったとは感じていなかったしプッシュもしていなかったので自分のペースには少し驚いたが、マシンのフィーリングはよかった。明日は暗いうちからのスタートでアイスや雪もあると思うので本当にトリッキーだが、同じペースを続けられるよう目指していきたい」

■エルフィン・エバンス/総合3位

Toyota Gazoo Racing WRT

「ラリーの開幕としては難しい2本だった。かなりウエットで路面変化も多かったので、グリップも常に変化していた。2本目はスタートが遅れたので、冷えたタイヤで走り始めなくてはならず、かなり難しかった。その後すぐ、狭い村に入ると道が凍結していたので、タイヤの温度を上げるのも自信を高めるのも簡単ではなかったが、何とか走り切った。今夜は、さらに冬型の天気になる予報が出ているので、朝になってどのようなコンディションになっているのか、様子を見なくてはならない」

■セバスチャン・オジエ/総合5位

Toyota Gazoo Racing WRT

「新しい(ピレリの)タイヤの経験が少なくフィーリングをつかまなくてはならなかったので、1本目の序盤はかなり慎重にスタートした。ステージの中盤からブレーキにトラブルが出始めたので、残りの走行はトリッキーだった。ブレーキに自信がなければ、限界まで走るのはかなり厳しい。理想的な滑り出しにはできなかったが、もちろん戦い続けるし、明日の朝にはマシンが100%になると確信しているので、あとは自分がベストを尽くせるか次第。明日の朝はスタート時間がものすごく早いので、コンディションもトリッキーになるかもしれない。ラリーはまだまだ、先が長いよ」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■ガス・グリーンスミス/総合10位
「最上のスタートはできず、ステージでのコンディションはどれも、自分たちは噛み合わなかったようだ。マシンの中ではすごく気が張っていて余裕が持てず、リラックスしてドライビングできなかった。朝までに解決できるようにしなくてはならない。明日の1本目は雪があるかもしれないので、タイヤチョイスを考えれば、ループのその後はかなりトリッキーになると思う。でも、何もかもが素晴らしい。リズミカルなステージで、最後に設定されているステージは、たぶんモンテで自分が一番好きなステージなので、思い切り走ることができればどんな結果になるか、楽しみだよ!」

■テーム・スニネン/SS1でラリーリタイア
「すべて順調だったし、マシンのフィーリングもよかった。その後、あるコーナーでラインを外し、バンクにヒットしてコースオフしてしまった。本当に残念。マシンは速かったし、ここまでみんなが必死にがんばってきたのに。ペースはよかったし、マシンもとても強そうだったので、こんなシーズンの滑り出しは誰もが望んでいなかった。ダメージも大き過ぎるので、明日は再スタートもできない」

ラリプラメンバーズ2021