ティエリー・ヌービル、コ・ドライバーを若手に変更 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ティエリー・ヌービル、コ・ドライバーを若手に変更

©HYUNDAI

ティエリー・ヌービルは2021年シーズンに向けて、コ・ドライバーをニコラ・ジルスールから若手のマルティン・ウィダグにスイッチすることを明らかにした。

92年生まれのウィダグは現在28歳。近年ではシトロエンC3 R5でギヨーム・ド・メビウスとコンビを組んでいたが、初のトップカテゴリー挑戦となる。2019年にはクレイグ・ブリーンのコ・ドライバーとしてヒュンダイからモンツァ・ラリーショー(i20 R5)やモンツァ・ラリーマスターズ(i20クーペWRC)に参戦、2017年には若手育成プログラムとして韓国のイム・チェウォンとコンビを組みi20 R5を駆りWRCなどに参戦している。

キャリア初期にはフレディ・ロイクスのコーチングを受け、ベルギー国内ラリーなどで頭角を現し、国際舞台へと駒を進めた。ERCではイタリアのタマラ・モリナーロともコンビを組んでいる。

HYUNDAI

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!