スバル、新型インプレッサを公開 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル、新型インプレッサを公開

 

 富士重工業は、米国ニューヨークにて開催されている2011年ニューヨーク国際自動車ショーに、新型インプレッサの4ドアおよび5ドアモデル(米国仕様)を世界初公開として披露しました。
 第四世代となる新型インプレッサの商品コンセプトは「Redefining Value, Redefining Class*1」。水平対向エンジンを中心とするスバル独自のシンメトリカルAWD(All-Wheel Drive)がもたらす信頼感のある走りやハンドリング性能、高い安全性をベースとしながら、1992年の誕生以来磨き続けてきたインプレッサならではの快適性をさらに進化、発展させ、時代に合った、魅力ある上質なグローバルカーを目指しました。

*1 既存のセグメント、クラスにとらわれない価値の提案

【主な諸元】(米国仕様)
※この諸元・仕様はお断りなく変更する場合があります。

全長×全幅×全高(㎜):4580(4ドア)、4415(5ドア)×1740×1465
ホイールベース(㎜):2645
トレッド前/後(㎜):1510/1515
車両重量(Kg):1320(2.0i 4ドア/5ドア 5MTモデル)
乗員定員:5名



RALLY PLUS
RALLY CARS