セバスチャン・オジエがトヨタとの契約を1年更新 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

セバスチャン・オジエがトヨタとの契約を1年更新

©TOYOTA

セバスチャン・オジエが、トヨタ・ガズーレーシングWRTと1年間の契約更新に署名し、2021年のWRCでも、チームに残留することが明らかになった。

12月3〜6日に開催される2020年最終戦のラリーモンツァで7度目のドライバーズタイトル獲得に挑むオジエだが、シーズン前までは今季限りでの引退を発表していた。しかし、新型コロナウイルスの感染流行によって今季の参戦プログラムが大幅に変わってしまったことから、オジエ本人の意識にも変化が生まれ、11月20日、トヨタに2021年の1年間、残留することを決めたようだ。

「今季は短いシーズンだったが、チームと楽しく過ごせていることを感じ、あのマシンのドライブを満喫していることを感じるには十分だった」とオジエは語る。
「(今回の決断は)自分の当初の予定とは違っているが、今年は地球上の誰にとっても非常に特殊な1年だったと思うし、多くの人々が家で過ごす時間が長かった。昨年の終わりの時点で、今季がこのようなことになるとは自分も予想していなかったし、こんな奇妙なシーズンでキャリアを終えるのは締めくくりとしてはふさわしくない」

「だから、自分の引退に関して気持ちが変わったのは、これが理由のひとつであることは間違いない。計画としては、2021年が願わくば今季よりも充実したいつも通りのシーズンになってくれて、最後のタイトルに向けて挑んでいきたい」

2019年にシトロエン・レーシングでの活動が残念な内容になったオジエは、2020年にトヨタに加入。トヨタ・ヤリスWRCでの初戦となったモンテカルロでは2位に入り、3戦目のメキシコでは優勝をマークした。さらにエストニア、イタリアでポディウムに上がり、ドライバーズタイトル争いでは、チームメイトで首位に立っているエルフィン・エバンスと14ポイント差の2番手で最終戦を迎える。

オジエの活躍は、トヨタのマニュファクチャラーズタイトル奪還に向けた戦いに関しても結果を大きく左右することになる。トヨタは現在、首位のヒュンダイに7ポイント差で最終決戦に臨む。

「ラリーに勝ってタイトルを獲得するポテンシャルは間違いなくあるので、ラリードライバーに求められるものはすべて揃っていると思う。だから、あとは戦うだけ。自分はもう、来季のことも楽しみにしているよ」とオジエは付け加えた。

トヨタのチームメイトであるエバンスとカッレ・ロバンペラは契約が1年残っており、オジエが残留を決めたことで、トヨタの2021年のドライバーズラインナップは、この3人で継続されることになる。日本の勝田貴元も、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムとしてヤリスWRCでの参戦継続が見込まれていることもWRC.comは同時に伝えている。



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!