WRCエストニア プレ会見Mスポーツ・フォード編:ラッピ「自分のタイムには少し驚いた」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCエストニア プレ会見Mスポーツ・フォード編:ラッピ「自分のタイムには少し驚いた」

©M-SPORT

WRCラリーエストニアのシェイクダウン後に行われたプレイベントカンファレンス、Mスポーツ・フォード勢の内容(抜粋)。シェイクダウンでタナック、オジエに続く3番手タイムをマークしたエサペッカ・ラッピ。テストもあまりできない状況の中、自分のタイムはうれしいサプライズだったと語った。ラッピはこの後のSS1でも、オジエと同タイムのベストタイムを叩き出している。

●WRCプレイベントカンファレンス出席者
Mスポーツ・フォードWRT

– テーム・スニネン(TS)
– エサペッカ・ラッピ(EP)
– ガス・グリーンスミス(GG)

Q:エサペッカも以前、このイベントに参戦している。シーズンの再開をこのラリーで迎えることが決まった時、どう思ったか
EP: すごくうれしかったよ。競技が再開するし、フィンランドが中止になったから、その次に楽しみにしていた。どちらもラリーの基本的な性格は、とても似ている。昨年のこのラリーもとても楽しめたので、今回も楽しんでいくよ。

Q: 見た目的には、高速イベントでジャンプが多く、とてもダイナミックだ。参戦する側からはどんな感じなのか
EP: 確かにその通りだ。マシンもペースノートも信頼できなくてはいけないし、コンペティティブに戦うためには、両方の組み合わせが完璧でなくてはならない。時には、それがメチャクチャになることもある。特に今年は、ナローな道が多そうだが、それでも速度域は高い。遅くなんて走らせてくれないんだ。そういったところがメチャクチャに感じる部分。でも、これもラリーの仕事のうちだね。

Q: シェイクダウンでの走りには満足か
EP: そうだね、すごく満足している。自分のタイムには少し驚いたが、でも、ポジティブな意味でだ。ラリーでもこのペースが続けられるか、楽しみだね。かなり限界まで攻めていたので、ラリーを走り切るためには少し抑えた方がいいのかも。

Q: まさにバランスの問題だ
EP: まさしく。たぶん、雨が降れば少しサプライズもあるかもしれない。セクションやコーナーによっては、しっかり乾いていなかった。泥になるかもしれないが、ブッシュの中ではそれが見えない。だから、小さく印をつけておかなければならないんだ。

Q: シェイクダウンと言えば、テーム・スニネンから話を聞こう。順調だったが、途中で変わってしまった。何があったのか
TS: 最初の3回はよかった。いいリズムをつかんだし、マシンの自信もつかんでいた。そしてサービスに入ってセッティングを調整し、走行に戻ったらうまくいかなかった。コントロールを失い、。コースオフした。自信の面ではよくないね。そのことは忘れて自信を取り戻して、また限界まで攻められるようにしたい。

Jarek Joepera / Red Bull Content Pool

Q: このイベントに向けてのプリペアは限定的にしかできなかったようだが、英国でテストをしたと聞いた。どうだったか
TS: かなりよかったよ。すごくマディで、いつもの英国の通り雨が降っていた。その点では、レッキで雨が降ったので自分たちにはよかった。

Q: エストニアには来たことがない人に話を聞こう。ガス、ほかのみんなは何らかの形で参加しているが、君はどうか
GS: ないね。いつか参戦したいと思っていたのは確かだよ。マシンには6ヶ月乗っていない。テストでもあまり距離を稼いでいないので、今回はひとつのステップとして考えなくてはならない。シェイクダウンは、いい方向に進んでいたが、2回目は道がすごく荒れていた。それでマシンにダメージを負ってしまったんだ。今回は、とにかくいい形で成長することに専念しなくてはならない。テームも言った通り、マシンがすごく速いことは彼が証明している。週末が終わるまでに、そのレベルに近づけない理由はないよ。

メディアからラッピとスニネンに質問
ボー・クリステール・ボフェル(スウェーデン)
Q: 来年の計画は
EP: 心から正直に言えば、さっぱり分からないね。まず、既にモンテカルロはちゃんと開催されるのか? 今年は本当に変動が激しいから、自分には分からない。ウイルスの状況がどうなるのか次第。来年もドライビングできていることを願いたいが、本当に分からない。
TS: 来年どうなるのかは、分からないね。世界の状況は不透明だ。マシンに乗れることを心から願うよ。

M-SPORT

RALLY PLUS