WRCプロモーターがラリージャパンの代替としてイプルーのWRC入りを発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCプロモーターがラリージャパンの代替としてイプルーのWRC入りを発表

©REDBULL

FIAとWRCプロモーターは8月19日、2020年のWRCカレンダーに入っていたラリージャパンの開催キャンセルとともに、同日程でシリーズ最終戦としてベルギーのイプルーラリーを加えることを発表した。ベルギーはWRC初開催となる。

(以下、リリース全文)


2020年のWRCカレンダーは、ベルギーのレンティース・イプルーラリーを追加、ベルギーで初のWRCラウンドが開催されることになった。このオールターマックラリーは11月19〜22日、ラリージャパンの代わりとして、第8戦および最終戦としてに行われる。

10年の休止期間を経たラリージャパンの復活は、COVID-19の感染拡大を受けて日本政府が行っている入国制限措置により、残念ながら中止されることとなった。シリーズ初年度の1973年以来、ベルギーは34カ国目のWRC開催国となる。

イプルーラリーは1965年に初開催を迎え、以来、ヨーロッパでも最も過酷なラリーの1戦としての地位を確立している。これまでの優勝者には、現在ヒュンダイのWRCドライバーとして活躍する地元の英雄、ティエリー・ヌービル(2018年)がいるほか、昨年はチームメイトのクレイグ・ブリーンが優勝を飾っている。

競技は、3日間にわたり約300kmのSSを設定。日曜日の最終日はベルギーの名門サーキット、スパ・フランコルシャンが舞台となり、ラリーを締めくくるパワーステージには、有名なオールージュ/ラディオンのセクションも盛り込まれる。イプルーラリーの拠点となるのは、同市の歴史的な市場、グロート・マルクトの中心部で、ここにサービスパークも置かれる。

REDBULL

WRCプロモーターのシニアディレクター、シモン・ラーキンは「このラリーは独特の1戦をシリーズに提供するだろう」と述べている。
「長年にわたり、イプルーは高い人気を誇るERCの礎となってきた。WRCに加わることで、コンペティターにとって今年、最も厳しいチャレンジにもなり、2020年シーズンの締めくくりにふさわしい」と語る。
「ナローな舗装路と道路際の排水溝というトリッキーな組み合わせ、そして一部のステージは夜間の走行となるほか、悪天候も予想されることから、ファンにとってはスリルと興奮に満ちたラリーとなるだろう」

FIAラリーディレクターのイブ・マトンは「感染拡大により、今年ラリージャパンが開催できなくなったことは、日本の関係各位、JAF、そして主催事務局が懸命に取り組んできただけに、非常に残念だ。関係者には感謝している」と語った。
「ベルギーはラリーに対する素晴らしい伝統と情熱があり、WRCでもドライバーをはじめ、メカニック、チーム代表、ジャーナリストなど、数多くのベルギー人が様々な役割で活躍していることにも表れている。今回のルートは、イプルーからスパ・フランコルシャンという、ベルギーのモータースポーツを象徴的なスポットをつないで横断するもので、ラリーのDNAを見せるショーケースのようなものだ」と続けている。

イプルーのプロモーターであるクラブスーパーステージの理事会メンバーであるヤン・ヒューグは、ベルギーでWRC戦を開催することは同クラブの悲願だったとコメント。
「主催者として、ラリーの最高峰に到達したいと常々願っていただけに、大変な栄誉だ」とヒューグ。
「イプルーラリーは組織力と安全性の点で確固たる評価を得ており、56年もイプルー市の血脈にはラリーの遺伝子が刻みこまれている。ラリーはこの地域にとって不可欠な存在であり、この独自の歴史的地区でラリーを開催するにあたり、イプルー市からは支援や設備の面で多大なる協力を得ている」

ラリージャパン2020実行委員会の委員長である高橋浩司氏は失意のなか、今後は2021年に愛知県・岐阜県で開催する同イベントへの準備に専念すると語った。ジャパンは、来シーズンのWRCカレンダーですでに開催が確定された9カ国のうちのひとつとなっている。

2020年WRCカレンダー(8月19日発表時点)
第1戦 1月23-26日 モンテカルロ
第2戦 2月13-16日 スウェーデン
第3戦 3月12-15日 メキシコ
第4戦 9月4-6日 エストニア
第5戦 9月18-20日 トルコ
第6戦 10月15-18日 ドイツ
第7戦 10月29日-11月1日 イタリア
第8戦 11月19-22日 ベルギー



RALLY CARS