WRCアルゼンチン、2020年の開催を公式にキャンセル – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチン、2020年の開催を公式にキャンセル

©Toyota Gazoo Racing WRC

2020年のWRC戦開催が延期となっていたラリーアルゼンチンは7月2日、公式に開催キャンセルを発表した。

今季のラリーアルゼンチンは4月23‐26日に開催を予定していたが、3月に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が世界的に拡大したことから、延期としていた。

開催延期を決めた時点からここまで、イベントの主催者はWRCプロモーター、FIA、アルゼンチン・オートモビルクラブと緊密な連携を続け、代替会期の調整に奔走してきたという。しかし、ロジスティック面での課題が壁となり今年の開催が不可能となった。

「2020年がこのような年になるとは想像もしていなかったし、願っていたような状況とはほど遠い」と主催者はコメントを発表している。

「今年のラリーアルゼンチンは40回記念となる予定で、素晴らしく特別な大会となるはずだった。

この難しい状況のなかでも支えてくれた、国、自治体、関係各位、スポンサーのみなさんの努力は称賛するべきもので、心からの感謝を伝えたい。もちろん、このラリーの中心となる人々の存在のことにも言及したい。我々のファンは、ラリーを生で見るために山岳路のあらゆるコーナーに出かけようと、大興奮で集まってくれる。

今後に関しては、主催者陣営はすでに2021年のラリーアルゼンチンに向けて、いまやWRCのカレンダーの歴史的な一戦であるこのラリーの記念イベントとして盛り上げようと、準備に取り組み始めている」

Rally Argentina



RALLY PLUS