ここまで開催1戦の英国ラリー選手権、2020年シーズンの開催を断念 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ここまで開催1戦の英国ラリー選手権、2020年シーズンの開催を断念

©British Rally Championship

WRCウェールズ・ラリーGBが6月9日、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより開催キャンセルを発表したことを受け、英国のASNであるモータースポーツUKは、2020年の英国ラリー選手権(BRC)もシリーズを断念することを発表した。ラリーGBではBRC2戦分を併催することになっていた。

英国ラリーの最高峰シリーズであるBRCの2020年シーズンは、2月にカンブリアラリーで開幕しており、Mスポーツ・フォード、ヒュンダイ、プロトンが参戦していた。しかし、今季ここまで開催されたイベントはこの1戦のみで、すでに3戦がCOVID-19の影響で今年の開催を断念している。

BRCのマネージャー、イアン・キャンベルは「2020年のBRCシーズンを継続するために、BRCを支えるスタッフは、イプルーラリー(ベルギー)、ガルウェイヒルズラリー、ウェールズ・ラリーGBの各主催者とともに絶え間ない努力を続けてきた」とコメント。
「残念ながら、ウェールズ・ラリーGBが開催されないことが決まり、内容のある選手権を成立させることが不可能となった。

「3月中旬以降、COVID-19のパンデミックに関連する英国国内の状況は常に変化しており、人々の移動やイベントの開催、ソーシャルディスタンスに関しても流動的だ。すべてのことがあっという間に起こってしまった。この数カ月のうちに制限が緩和されて相応の競技ができるイベントが開催できる自信を持てるようになることを願っていたが、2戦分が懸かっていたイベントの中止が決まったことで今年の選手権は継続しないという決断に至った」

「我々は、ウェールズ・ラリーGBの開催キャンセルという決断を全面的に支持する。そして、ここまでの期間、辛抱しながら作業を続けてきてくれた我が選手権のコンペティター、パートナー、イベント主催者に感謝したい。今の状況が2020年を通して改善されていくことを願いながら、2021年にはより強いシリーズになって再開するための計画を練っていく」

英国選手権では、バーチャルシリーズのeBRCと、PCSpecialist BRC Esportsインビテーショナルシリーズを立ち上げて開催中。7月上旬に最終戦を迎えるという。



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!