トヨタ、GRヤリスのラインナップを発表。競技ベースグレード「RC」登場 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、GRヤリスのラインナップを発表。競技ベースグレード「RC」登場

©TOYOTA

トヨタは6月2日、GRヤリスのラインナップを発表した。

当初から発表されていた「RZ」に加え、競技ベース用の「RC」を設定。さらにCVTで研ぎ澄まされた走りを気軽に楽しめる「RS」を加え、2020年9月頃の発売を予定している(写真はRS プロトタイプ)。

「RC」は「RZ」と同様の1.6L直列3気筒直噴ターボエンジン、スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”、6速マニュアルトランスミッションにiMTを採用。オーディオディスプレイなど、走りに必要なもの以外を極力排除し、約30kgの軽量化を施したモデルとなっている。

「RS」は1.5L直列3気筒自然吸気のダイナミックフォースエンジンを搭載。発進用ギヤを追加し、低速から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現するDirect Shift-CVTを採用し、マニュアル感覚の操作が楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフトとなっている。

Web予約の受付を開始したGRヤリスは、現在、日本と欧州で約6,000台の先行予約を受付中。RZ“High-performance・First Edition”と特別仕様車RZ“First Edition”の受付期間は、6月30日まで。生産については、数々のスポーツモデルを造り込んできた元町工場に専用ラインの「GR FACTORY」を新設し、「匠」の技能を有する従業員が組み立て準備を進めていくという。

TOYOTA

【参考】RC主要諸元 ※数値はトヨタ社内測定値
全長(㎜)×全幅(㎜)×全高(㎜)  3,995×1,805×1,455
ホイールベース(㎜)  2,558
トレッド Fr/Rr(mm)1,540/1,570
車両重量(kg)  1,250
乗車定員(人)  4
エンジン
 直列3気筒DOHC直噴ターボチャージャー
 型式  G16E-GTS
 排気量(㏄)  1,618
 最高出力(kW[PS])  200[272]
 最大トルク(N⋅m[kgf⋅m])  370[37.7]
トランスミッション
 iMT(6速マニュアルトランスミッション)
 駆動方式  4WD
 差動装置
  スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”
  電子制御多板クラッチセンターデファレンシャル/
  4WDモードダイヤルスイッチ(NORMAL/SPORT/TRACK)
サスペンション
 フロント/リヤ  マクファーソンストラット式/ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ
 フロント/リヤ  ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ 205/45R17

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!