オンライン・ラリー北海道はオーストラリアのLUCAG120が優勝、次戦はインドネシア – RALLYPLUS.NET ラリープラス

オンライン・ラリー北海道はオーストラリアのLUCAG120が優勝、次戦はインドネシア

 

DiRT Rally 2.0をプラットフォームとしたeSportラリーシリーズ、デジタルAPRC第2戦として日本時間で5月22日夜9時から開催されていたオンライン・ラリー北海道が、24日午後9時で終了。のべ169台が参戦し、雨など難しいコンデイションの中、158台が完走を果たしたとラリー北海道の公式サイトが伝えている。

優勝はLEG1/LEG2の両方を制したオーストラリアのLUCAG120(ERT_LUCA_GIACOMIN)で、選手権争いでも首位に立っている。デジタルAPRCのシリーズ主催者では、上位3位の選手への表彰状の送付手続きを進めているという。APRCのFacebookでは、オンライン・ラリー北海道のダイジェスト動画を公開しており、故ポッサム・ボーンの息子、スペンサー・ボーンが登場してコメントを寄せている。

デジタルAPRCの次戦、第3戦はオンライン・ラリーインドネシアで6月6〜7日に開催予定となっている。

オンライン・ラリー北海道ダイジェスト動画
https://www.facebook.com/FIA.APRC/videos/885172465312989/?t=27

現在までのランキングは下記のとおり。日本からの参加者も上位に食い込んでいる。

RALLY HOKKAIDO Facebook

オンライン・ラリー北海道 最終結果
順位 プレイヤー名 土曜日 日曜日 合計
1 LUCAG120 173 174 347
2 BALLOLO 143 157 300
3 RANOFKA 164 132 296
4 MATTSUMMERFIELD 129 165 294
5 TETU235 149 126 275
6 SPENY37 134 135 269
7 HIDEOISHIZAKI 113 150 263
8 SUSANF01 125 128 253
9 NAMSPORT 127 118 245
10 CWIS 112 130 242
11 RALLYMANIC1964 119 120 239
12 WARCRYFIN 131 106 237
13 CAMOGUYDUDE 121 114 235
14 PHENIXONE 115 108 223
15 TTTTRDFUN 123 100 223
16 KYUTA555 111 112 223
17 CODRIVERRACING 97 122 219
18 KAZUMA76 110 109 219
19 TEAMRALLIART 108 105 213
20 DTRS 101 110 211

2020デジタルAPRCポイント表
順位 プレイヤー Rd.1 Rd.2 合計
1 LUCAG120 682 347 1029
2 RANOFKA 651 296 947
3 MATTSUMMERFIELD 559 294 853
4 TETU235 549 275 824
5 BALLOLO 491 300 791
6 DTRS 521 211 732
7 SPENY37 455 269 724
8 RALLYMANIC1964 464 239 703
9 CAMOGUYDUDE 449 235 684
10 CWIS 398 242 640
11 TEAMRALLIART 407 213 620
12 NAMSPORT 368 245 613
13 SUSANF01 355 253 608
14 CODRIVERRACING 384 219 603
15 YGAM 377 209 586

ラリプラメンバーズ2020