ラリー北海道撮影講座、〆切間近 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリー北海道撮影講座、〆切間近

 

WRCフォトグラファー、小林直樹氏が同行し、ラリー撮影のテクニックやポイントを伝授する「小林直樹ラリー撮影講座」の申し込み〆切が8月中と間近となっている。

費用は4万8000円で、支払方法は銀行振込かクレジットカードを利用可能。ラリー北海道2日間(10/1-10/2)の通し観戦券、9/30(金)の宿泊費、10/1(土)の朝昼夜の食事、保険代などを含んでいる。(旅費や前後の宿泊費は別。申し込み後にツアー会社のナイトフッド経由で予約も可能)

カメラ自体をまったく使ったことがない参加者にも対応できるよう、WRC PLUSのスタッフに加えてキヤノンマーケティングジャパンのスタッフが帯同し、カメラの操作性や基本的な使い方についてもサポートしてくれる。

ツアー予定は、初日の金曜日は座学ののちカメラを全員に渡し、北愛国サービスパークにてセレモニアルスタートやサービスパークを自由に撮影。カメラの機能や操作性に慣れる時間だ。これ以降、撮影講座の終了までカメラの管理は各自で行なうこととなる。

本格的なラリー撮影は土曜日のデイ1から。ふたつのSSで撮影予定で、朝はリクベツサーキット内のウォータースプラッシュを中心に撮影し、午後は林道SS内に入り込んでの撮影を行なう。夕方に帯広に戻り、撮影した写真をプリントしてフォトコンテストを実施。

コンテストにノミネートした作品およびこの撮影講座の模様は、WRC PLUS誌に掲載される。

撮影講座のスケジュールは以下の通り。
なお、ラリーの進行状況や当日の天候などにより変更になる可能性がある。

9月30日(金)
14:00  撮影講座開講(帯広市駅前・とかちプラザ)
     自己紹介/小林直樹氏によるスライドを使っての撮影の基本やWRCウラ話
     カメラの使い方の説明 など
16:30  北愛国サービスパーク自由撮影
     サービスパーク、セレモニアルスタート、SS1オビヒロなどを撮影
21:00頃 ホテルへ移動、解散

10月1日(土)
6:00頃 ホテル出発
8:00頃 リクベツサーキット到着 
9:25〜11:30 SS4RIKUBETSU1撮影
14:21〜16:30 SS8 ASHORO LONG撮影 ※撮影場所は当日変更の可能性あり
18:30〜 撮影講座・フォトコンテスト
21:00頃 終了予定

申込は以下のページより。
http://as-web.shop-pro.jp/?pid=34019179



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS