FIA、世界ラリークロスの電力化を2022年に延期 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

FIA、世界ラリークロスの電力化を2022年に延期

©FIA Worldrallycross.com

FIAは、2021年からの導入が予定されていた世界ラリークロス選手権の車両電動化を1年延期すると発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行を受け、経済的に厳しい状況を鑑みた決断だ。

FIAは、世界RXのプロモーターであるIMG、電動パーツキットのサプライヤーとして承認されているクレイセル・エレクトリック、エネルギーサプライヤーとして承認されているGCKエナジーとの間で協議を行った後、4月20日に行われたワールドモータースポーツカウンシルの電子投票によってこの延期を承認した。その上で、現在参戦中、または今後シリーズへの参戦を検討しているチームを中心に構築した、持続可能でコストをコントロールすることを核とした当初の戦略に引き続き取り組む、としている。

FIA総裁のジャン・トッドは「現在の状況により、参戦者が対応できるように電力化への移行を1年遅らせる必要は出てきたが、FIAが世界ラリークロスの新たな展望に取り組み続けることに変わりはない」とコメント。
「電力化により、最もコスト効率のよい環境を生み出し、急速に成長している電気自動車のパフォーマンス能力をFIA選手権で披露できることになる」

世界RXのプロモーター、IMGのモータースポーツイベント担当シニア副社長、ポール・ベラミーは「世界選手権への電動ラリークロスマシン導入を2022年まで延期する決断を支持する」とコメント。
「現段階では、今回の決定は、新たなFIA eRXジュニア選手権の計画に影響はなく、コンプリートカーの供給や、全てが含まれ到着してドライブするというフォーマットでの選手権運営など、この部門を2021年に電力化する作業は続けていく」
「FIA、チーム、パートナーたちとともに、ラリークロスの電力化の将来に向けて取り組んでいく一方、現状のチャレンジングで見通しの立たない時期を、健康を維持することに専念して過ごすことが最も分別のあることだと考えている」

クレイセル・エレクトリックのCEO、フィリップ・クレイセルは「いま、世界レベルで我々はかつて経験したことのないような時間を過ごしており、今後がどうなるかは誰も予測することができない」とコメント。
「最も重要なことは、現在の状況を受け入れて自分たちの人生を守ることだ。こうしたことが起きている中でも、“システム”のボタンが押されて再開された時にすぐに取り組めるよう、準備を進める必要がある。それがいつになるかは分からないが、我々は、FIAのアプローチと世界RXの電力化初シーズンを2022年に延期することを支持する。電動レースキットの開発はほぼ完成しており、このプロジェクトには多くのエネルギーと情熱を注いできたので、来年、電動の世界RXマシンを見ることができなくなったのは残念。それでも、引き続き一丸となって取り組み続けていくことで、電力化が導入された際には世界RXが大きな成功を収めることを心から確信している」

ワールドラリーカレンダー2021先行予約受付中!!