ホンダ、COVID-19感染者搬送用の車両提供とフェイスシールド生産を開始 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ホンダ、COVID-19感染者搬送用の車両提供とフェイスシールド生産を開始

©HONDA

ホンダは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大への対応として、感染者搬送用の車両を提供することを発表した。搬送時の感染リスクを削減するため、オデッセイやステップワゴンなどをベースに、運転席と後部座席に仕切りが設置される。

また、医療現場のニーズが高いフェイスシールドを、ものづくりセンター栃木、鈴鹿などの国内事業所で生産することも合わせて発表。2020年5月末までに、医療現場への無償提供を実施予定しているという。

一方で、6月に予定していた「Enjoy Honda 2020 HSR九州(熊本県菊池郡)」と 「Enjoy Honda 2020 スポーツランドSUGO(宮城県柴田郡)」については、開催中止とした。
(以下、発表リリース)


新型コロナウイルス感染防止にむけた支援活動について
「感染者搬送車両(仕立て車)の提供」「フェイスシールド生産」

世界各地における新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたしますとともに、ご遺族の皆さまに謹んでお悔やみを申し上げます。また、罹患により闘病中の皆さまにお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈り申し上げます。

Hondaは新型コロナウイルス感染防止にむけた支援活動として、4月13日に、港区・渋谷区へ「感染者を搬送するための車両(仕立て車)」を提供しました。今後は都内等、まずは感染者の多いエリアから納車を予定しています。また、2020年5月末までに、医療現場でのニーズが高い「フェイスシールドの生産」を開始します。人工呼吸器におきましても、生産支援を視野に引続き検討しています。

Hondaは、刻々と状況が変化するなか、最前線で戦っておられる皆さまへ敬意を表するとともに、一日も早い収束を願い、Hondaとしてできる事に、一つひとつ取り組んでまいります。

支援内容
感染者を搬送するための車両(仕立て車)提供
・自治体への軽症者の移動を支援するための車両提供を実施
4月13日、港区・渋谷区への納車完了、今後は都内など感染者の多いエリアから納車予定
・ODYSSEY/STEP WGN等に、搬送時の感染リスクを削減するため、運転席と後部座席に仕切りを設置。前後席間の圧力差を利用して、飛沫感染を抑制する構造に仕立てています。
・埼玉製作所(狭山工場)を皮切りに、国内事業所で生産予定

HONDA


フェイスシールドの生産
・医療現場のニーズが高いフェイスシールドを、2020年5月末までに、ものづくりセンター栃木、鈴鹿などの国内事業所にて生産し、医療現場への無償提供を実施予定

関連イベントの対応
Enjoy Honda 2020

6月に開催を予定しておりました 「Enjoy Honda 2020 HSR九州(熊本県菊池郡)」と 「Enjoy Honda 2020 スポーツランドSUGO(宮城県柴田郡)」につきまして、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて慎重に検討を重ねてまいりましたが、 お客様の安全・安心を最優先に考慮し、開催中止を判断いたしました。



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!