WRCメキシコ:スニネン「トラブルフリー、いい一日だった」デイ2コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCメキシコ:スニネン「トラブルフリー、いい一日だった」デイ2コメント集

©M-SPORT

ラリーメキシコ、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。今季グラベル初戦の本格的なステージ走行の初日、後方スタートのアドバンテージを活かして総合2番手につけたMスポーツ・フォードのテーム・スニネン。マシン全焼でラッピが脱落しチームの期待を一身に背負う今、さらに集中力が求められる。

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■セバスチャン・オジエ/総合首位

Toyota Gazoo Racing WRT


「いい一日だった。今晩、首位に立ててとてもうれしい。午前のタイムは悪くはなかったが、自信は最大限ではなかった。余裕を持てるように挑んでいたが、セッティングに調整を行い、この路面での走行を重ねたことで午後はフィーリングが格段によくなった。明日は、また長い一日になる。走行順はベストなので、それを最大限に活かさなくてはならない」

■エルフィン・エバンス/総合3位

Toyota Gazoo Racing WRT


「予想通り、先頭走行でかなり大変だった。でも全体としては、悪くなかった。マシンは基本的にとてもいい動きをしていた。エル・ショコラテのステージは2回とも、いいフィーリングをつかむのが難しかったが、路面がかなりルーズなので走行順にもよるのだと思う。それ以外の場所は、予想よりもうまくいった。できる限りのプッシュを続けどこまでいけるかやってみる」

■カッレ・ロバンペラ/総合5位

Toyota Gazoo Racing WRT


「今日は常によくなり続け、自信も高まっている。かなり早くマシンのことを学べているのがうれしい。まだやるべきことはあるが、いい一日だった。午前最初のステージはどこでスローパンクしたのか分からないが、そんなこともあり得る。もうスペアがなかったのでループのその後は少し慎重になったが、2回目のループではもう少しクリーンに速く走ることに努め、うまくいった」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■テーム・スニネン/総合2位
「トラブルのない、本当にいい一日だった。コーナーで攻めて限界のドライビングをしていた。このレベルでトップリザルトを狙いたければ、そうするしかない。明日は、この順位を守ることを目指すが、同時にマシンをフィニッシュまで持ち帰りたい。今日のいいリズムを続けることに集中するよ」

■ガス・グリーンスミス/総合6位

M-SPORT


「今日はどうもリズムをつかむことができなかったし、思うような走りとはほど遠い。期待していたような速さがないが、このマシンが速いことはテームが証明しているので、自分の問題だね! ここからは改善して、マシンを持ち帰ってポイントを獲得することだけに集中する」

■エサペッカ・ラッピ/SS7フィニッシュ後にラリーリタイア

M-SPORT


「ストップラインでリヤから出火していることは分かったが、その時はどれだけヒドいか気付いていなかった。安全な場所まで走らせようとしたが、ブレーキがなくなった時に、まだかなり燃えていることに気付いた。それで急いで車外に出たよ! ステージでは何の問題もなかったしタイムはかなりよかったので、何が原因だったのか分からない。順調だったしポディウム争いもしていたので、自分にとってもチームにとっても本当に残念。でも、みんな無事だったこと、今はそれが一番重要だ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■オィット・タナック/総合4位

Hyundai Motorsport GmbH


「チームとしては、本当に厳しい一日となった。2本目で大量にロスして順位を落としてしまった。ワイドになって、かなり大きな石にヒットしてリヤサスペンションにダメージを負った。スペアパーツを車載していたので修復したが、それでは十分ではなかったので、ペースを落とさなくてはならなかった。幸い、ロスは甚大ではなかったが、厳しい一日にしてしまった。明日は走行順が重要になるので、いくつか順位を取り戻せてうれしいよ。まだどんな可能性もあるが、間違いなく厄介にはなってきた」

■ティエリー・ヌービル/SS9でデイリタイア

Hyundai Motorsport GmbH


「走行順を考えれば滑り出しは順調だったし、序盤はとてもいい走りができている感触があった。ハードにプッシュして、マシンもいいパフォーマンスを見せていた。リヤにはまだグリップが必要だったが、日中サービスで変更を行った。2回目のエル・ショコラテを終えた時点でまだポディウム争いに絡んでいた。その後のステージがキャンセルになったが、それでも集中していた。残念ながらラス・ミナスのリピートステージでマシンに何かが起こり、5kmを過ぎた辺りで止まらなくてはならなかった。チームにとっても厳しい一日となり、本当に悔しい。土曜日は再スタートしたいと思っているが、まずはチームの分析が必要だ」

■ダニ・ソルド/SS7でラリーリタイア

Hyundai Motorsport GmbH


「自分たちのラリーメキシコがこんな展開になるとは思ってもみなかった。今日は高い期待を持って滑り出したが、エル・ショコラテの時点でトラブルに見舞われ、ラジエターパイプが緩んだ。通常のドライビングをしていたので、明らかに締めが足りなかった。自分たちで修復して、その後のステージはハードにプッシュしようとしたが、残念ながらエンジンにダメージがあり、午後のループで止まらなくてはならなくなった。人間なのでこうしたことも起こり得るし、チームとして立ち直らなくてはならない。もちろん、今回は大きな期待を抱いて臨んでいたので受け入れ難いが、ラリーではこんなこともある」



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!