WRCモンテカルロ:タナック「僕らは大丈夫」デイ2コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:タナック「僕らは大丈夫」デイ2コメント集

©Hyundai Motorsport GmbH

ラリーモンテカルロ、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。世界チャンピオンとしての初めてのラリーを新チームで迎えたタナック。SS4で衝撃的な高速クラッシュを喫したことで検査のために病院に搬送され、SNS上でも状態を心配する投稿が相次いだが、元気なコメントを届けてくれた。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■セバスチャン・オジエ/総合首位(↑)

TOYOTA


「今日の内容にはハッピー。午前中は、完璧にはマシンがしっくりこなかったので、少し慎重になっていたからリズムもベストではなかった。でも、午後のループではセットアップを少し調節してもっと自信が得られるようになり、いいタイムも出せるようになった。タイヤチョイスが当たらなかったのではと思っていたが、午後の2本目は予想以上にドライになっていたので結果的には悪くはなかった。まだ僅差だが、この順位にいられるのはいいね」

■エルフィン・エバンス/総合2位(↑)

TOYOTA


「間違いなく、午前中はとてもよかった。コンディションはあまり楽ではなくグリップもかなり変わりやすかったが、ヤリスは自分に自信を与えてくれたのでリラックスしてマシンのドライビングを楽しめた。午後はあまりよくなかった。最後のステージでは、マシンが走行するたびにコンディションが悪化していったし、自分たちもタイヤチョイスでは少し攻め過ぎたのかもしれない。でも、全体としてはいい一日だったし、明日も同じような流れでいきたい」

■カッレ・ロバンペラ/総合6位(↑)

TOYOTA


「すごく難しかったが、午前中からかなり向上できたので今日の内容にはハッピー。今日も未体験のコンディションで、スリックタイヤで凍ったセクションも走らなくてはならなかったので、午前中はかなり注意した。でも、ステージの度によくなりループの真ん中のステージは2回ともよかった。まだ学ぶことはたくさんあるが、マシンにも馴染んできている。明日は違うスタイルのステージが出てくるので、また新しいチャレンジ。コンディションがどうなるのか見なくてはならない」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合3位(↓)

Hyundai Motorsport GmbH


「少しフラストレーションの溜まる日だった。午前中はペースをつかんだり、クリーンな走りをすることに苦戦していた。チャレンジングなコンディションもあったので、ハードにプッシュするだけのフィーリングを得られなかった。一日の終わりに向かってよくなっていき、ロードノートクルーを務めてくれているダニ(ソルド)との作業も安定感が出てきた。一歩ずつ自分たちなりに前に進んでいるし、セッティングについてもマシンがより馴染むよう作業をしている。オィットとマルティンが無事でうれしい。高速での大クラッシュだったが、何よりも彼らはいい走りをしていた」

■セバスチャン・ローブ/総合4位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH


「いい一日だった。自分たちが走る時は道の泥が多かったと思うが、先行のドライバーたちもすごく速かった。彼らのスピードに張り合うことができなかった。かなり差が開いてしまったので、リスクを負う意味はない。明日は走行順が変わる。あまり違いはないかもしれないが、ラリーの後半がどうなるか、待つしかない」

■オィット・タナック/SS4でラリーリタイア
「まず何よりも、マルティンと僕は大丈夫。よくなっているし、すぐに元通りになる。新しいマシンに乗り始めたばかりなので、ステップバイステップでよくなっているところだった。昨晩は、何が起きているのか何も理解できなかった。一晩中、エンジニアとかなり作業をして、今朝はマシンのフィーリングは既によくなりつつあった。それでも、もちろんフィーリングを高めてマシンに慣れるためには、もっと走り続けられた方がよかった。しかし、こんなこともある。あのアクシデントの前にも、既に何度か危ない場面はあった。まず、午前の最初のステージではブラックアイスで滑ってスピンをしている。モンテカルロでは当たり前のことだ。トリッキーなコンディションだし、チャレンジングだった。誰もが何らか危ない場面には遭っているはずだし、こういうコンディションでは通常のことだ」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■エサペッカ・ラッピ/総合5位(↑)

M-SPORT


「かなりタフな日になった。新たに学んだことがたくさんあったが、もっと差は小さくなると思っていた。差を詰めたかったが、ステージの度に上位陣から同じ分だけ遅れていった。チームと一緒にどこでタイムロスをしたのか確認しながら対策を見つける。明日はよくなることを願いたいね」

■テーム・スニネン/総合16位(↑)

M-SPORT


「昨日のことがあり、今日はとにかく各ステージを走り切って経験を積むことが全てだった。午前中は、ノートクルーが走った時からコンディションが大きく変わってトリッキーだったが、午後はよくなった。タイヤチョイスも違う選び方をできたので、今後に活かせる知識が得られたと思う」

■ガス・グリーンスミス/SS3でデイリタイア



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!