ヒュンダイでシーズンを迎える新王者タナック「マシンの第一印象はとてもポジティブ」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ヒュンダイでシーズンを迎える新王者タナック「マシンの第一印象はとてもポジティブ」

©HYUNDAI

2019年にトヨタで自身初のWRCドライバーズタイトルを獲得し、チャンピオンとして挑む2020年はヒュンダイで迎えるオィット・タナック。タイトル防衛を目指し、ラリーモンテカルロでヒュンダイからの初戦を迎える。
「自分の新しいホーム、ヒュンダイ・モータースポーツで落ち着くための時間を過ごしたが、とても温かく歓迎してもらった」とタナック。
「チームが変わった場合、速さを向上させるのは簡単なものではないが、いい方向に向かっている手応えを感じる。チームはすでに、マニュファクチャラーズタイトルを獲得したことで、WRCでトップクラスのパフォーマンスを発揮している。マシンの第一印象はとてもポジティブなもの。チームと一丸となって、今年もタイトル争いができると確信している」

タナックを新チームメイトに迎えるティエリー・ヌービルは、2019年のドライバーズタイトルでタナックに次ぐ2位に入っている。ヒュンダイ・モータースポーツで最も長く活躍するドライバーのひとりとして、2020年はもう一段上を目指す。

HYUNDAI


「チームがマニュファクチャラーズタイトルを獲得したことで、モチベーションを高めて2020年に向かう。そして、ドライバーズ選手権のタイトルを目指して、これまで以上に決意を固めている」とヌービル。
「これまでドライバーズ選手権で4年連続2位になっているので、次は自分の番だという感じがしている。才能あるクルーがたくさんいるので、もちろん簡単にできることではないことも分かっている。しかし、自分たちも速く安定感があり、厳しい時も立ち上がる強さがある。経験を存分に活かして、ヒュンダイ・モータースポーツの必死の努力にダブルタイトルで報いたい」

ダニ・ソルドは2019年、サルディニアで待望のWRC2勝目をマーク。2020シーズンはスポット参戦で、マニュファクチャラーズタイトル争いを支える。

HYUNDAI


「ヒュンダイでWRCキャリアを続けられることは、とても特別なことだ」とソルド。
「何年も、楽しい思い出を共有してきたし、サルディニアでの勝利は決して忘れられない。新シーズンを迎えるのは、ゼロから新たなスタートを切るようなもの。ひとつのラリーから、次のラリーを予想するのは難しいものだ。自分たちが目指すのは、チームのタイトル連覇なので、一戦一戦に集中して、自分たちとマシンにとってベストの力を出すことを目指す」

WRC9連覇王者のセバスチャン・ローブは、ヒュンダイからの参戦2シーズン目となる。

HYUNDAI


「2019年、このチームでの初めてのシーズンをとても楽しむことができた。チリでポディウムに上がったことが一番のハイライトだが、1年を通してレベルを上げることもできたし、2020年はこれをアドバンテージとして活かしていきたい」とローブ。
「今シーズンもスポット参戦となるので、チームのタイトル争いのために貢献していく。カレンダーには興味深い新しいイベントも増えるので、おなじみのコースと新しい挑戦を楽しみにしているよ」



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!