SWRC首位のアンダーソンがレグ4でリタイア! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

SWRC首位のアンダーソンがレグ4でリタイア!

 

プロトン・サトリアネオS2000を武器にSWRCで7分以上のリードを築いていたパー-ガンナー・アンダーソンだが、レグ4のSS16で予想外のハプニングが発生。突然、マシンが炎上してしまい、そのままリタイアすることになった。

チーム代表のクリス・メローズも「出火の原因が分からない。7分以上のリードを築いていただけに信じられない」と失望を隠せない様子。

この結果、フォード・フィエスタS2000を駆るクレイグ・ブリーンがSWRCでトップに浮上、レグ4をフィニッシュした。



ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018