WRCトルコ:シェイクダウンはトヨタのミークがトップタイム – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCトルコ:シェイクダウンはトヨタのミークがトップタイム

©TOYOTA

WRC第11戦トルコは12日(木)のシェイクダウンテストを終え、トヨタのクリス・ミークがトップタイムをマーク。2番手にアンドレアス・ミケルセン、3番手にティエリー・ヌービルと、ヒュンダイ勢が続くかたちとなった。

シェイクダウンの舞台は、ホストタウンのマルマリスから西に位置する4.70kmのコース。アップダウンのあるコースは昨年もシェイクダウンで使われている。10台がエントリーしているワークスマシンは全車3回ずつの走行を行っている。

トップ3に続くのは、4番手にトヨタのオィット・タナック、5番手にMスポーツ・フォードのテーム・スニネン、6番手にシトロエンのセバスチャン・オジエ。今回Mスポーツ・フォードから参戦しているポンタス・ティデマンドはミークと5.6秒差の10番手でセッションを終えている。

ラリーはこのあと12日(木)の夜にマルマリス市街を舞台としたSS1で開幕。2.0kmのステージは直線とタイトターン、ランナバウトを使った360度ターンなどで構成される。

SS1は日本時9月13日(金)2時08分スタート。

WRCトルコ シェイクダウン結果
1. K.ミーク(トヨタ・ヤリスWRC) 3:25.3
2. A.ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) +1.0
3. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +1.2
4. O.タナック(トヨタ・ヤリスWRC) +1.4
5. T.スニネン(フォード・フィエスタWRC) +2.2
6. S.オジエ(シトロエンC3 WRC) +3.0
7. J-M.ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +3.2
8. E.ラッピ(シトロエンC3 WRC) +3.5
9. D.ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) +4.0
10. P.ティデマンド(フォード・フィエスタWRC) +5.6

RALLY CARS