オサムファクトリーのシュコダ・ファビアR5、日本上陸! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

オサムファクトリーのシュコダ・ファビアR5、日本上陸!

©Tadayoshi Nakajima

福永修が代表を務めるオサムファクトリーが輸入したシュコダ・ファビアR5が通関手続きを終え、神戸港から上陸した。

1月の段階から今季のファビアR5導入を目指すことを明らかにしていた福永。このファビアR5は新車で、全日本ラリー選手権出場に向けて必要な登録手続きを今後進めていくとのこと。

福永は「まずは1日も早くナンバーを取得できるよう、頑張っていきたいと思います。全日本ラリー選手権でR5車両が走ることのできる規則となりましたが、その機会に触れられたことをうれしく思っています。我々のようなプライベーターが国内でR5車両を走らせるということには大きな意味があると思っていますし、今後の日本のラリーのためにも頑張りたい。これが後進への道を拓く契機のひとつとなったらと思います」と語っている。

気になる今後の予定だが、まずはナンバー取得を最優先に進めていくとのこと。
「きちんとしたかたちで皆さんの前で走りを見ていただけるよう、まずはナンバーを取ることが先決だと考えています」とのことで、ナンバー取得前の段階でクローズドコースでのテストランやイベントでのデモンストレーションランについては、現在のところ考えていないとも語っている。

長らくスバルWRX STIと三菱ランサーエボリューションが2強となってきた全日本ラリー選手権のトップカテゴリーに新風が吹くか、同じく導入を明言しているクスコ・レーシングのファビアR5とともに今後の動向に注目したい。

Tadayoshi Nakajima

RALLY CARS