WRCフランス:オジエ「アンダーステアに苦しんだ」デイ1コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフランス:オジエ「アンダーステアに苦しんだ」デイ1コメント集 

©Citroen

ラリーフランス、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。シトロエンと自身にとっての母国戦、昨年は完全優勝を遂げたコルシカ戦の初日にまさかの苦戦を強いられたセバスチャン・オジエ。原因に挙げたアンダーステアはチームメイトのラッピも訴えており、改善のためのアイディアがデイ2以降への起爆剤となるか、注目が集まる。

[Mスポーツ・フォードWRT] フォード・フィエスタWRC
■エルフィン・エバンス/総合首位

M-Sport

「ポジティブな一日だったし、マシンの感じは本当によかった。スマートに効率的にならなくてはいけないタイプのラリーだが、自分たちはいい走りができている感触があった。コーナーの間もスピードに乗せていけたし、トリッキーな感じのところでもスムースな走りができた。明日はビッグバトルになるが、自分たちの計画は、この順位にとどまること。オィットとティエリーはどちらもハードにプッシュしてくると思うが、全てが一体となって回れば自分たちの方が速く走れると分かっている。明日が本当に楽しみだ」

■テーム・スニネン/総合5位
「とてもいい一日だったし、ペースもよかった。もちろん、もっと速く行く事もできるが、ここ何戦かミスが続いているし今回は絶対に走り切らなくてはならないので、その思いが自分を抑えた。それでも、いいレベルでのドライビングができたので、その事には満足だ」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT] トヨタ・ヤリスWRC
■オィット・タナック/総合2位

Toyota Gazoo Racing WRC

「今日の内容にはかなりハッピー。午前は実はベストのリズムではなく、新しいステージでのノートが完璧ではなかった。その意味では、午後は格段によくなり、フィーリングもよかった。まだ限界まで攻めてはいないが、マシンの動きはいいし自分もかなり楽しめている。自分の周りのライバルもいいタイムを出しているので、彼らに勝ちたければ明日はかなりハードにプッシュしなくてはならないのは明白。ロングステージは、このラリーの山場になる。とてもトリッキーなので簡単にはいかないが、自分たちはあそこで大きな差をつけられると信じている」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合13位

Toyota Gazoo Racing WRC

「ループの真ん中のステージは、自分にとって今日の鬼門になった。午前はノートがうまく合わず、かなりタイムをロスした。ランチの間にたくさん作業をして、午後はいいタイムが出せると強い自信を持っていた。そのステージの2km地点で、カットできるところがたくさんあって道にグラベルが出ていた。たぶん、尖った石がトレッドをひっかけたのだと思う。それがジワジワと響いてきて、タイヤがゆっくりダメになっていった。単純に不運だと言うしかない。そのまま走り続けようとしたが、最終的には止まって交換しなくてはならなかった。マシンのフィーリングはよかったし、自分も走りを楽しんでいた。とにかく走り続けて、ラリーが終わった時点でどの位置につけているかを待つしかない」

■クリス・ミーク/総合16位

Toyota Gazoo Racing WRC

「正直、厳しい一日だった。最初のステージ、ロングの高速左コーナーで、ペースノートには“イン側にキープ”と明記していたが、何かにヒットした。もちろん、レッキの時には見えなかったものだ。その後はペースもよく、何度か挽回できたところもあった。午後は、カットできる高速の左コーナーでグラベルに乗ってしまい、アウト側の縁石にヒットしてサスペンションアームを破損してしまった。そのまま最後のステージまで走り切らなくてはならなかった。エルフィンに公平なタイムが与えられて本当によかったよ。彼の邪魔をしようという意図はなかったからね。今日は、とにかく流れがよくなかった。ラリーに勝てるだけのパッケージは揃っている、ヤリスは、信じられないほどドライビングしやすい。走りを楽しみ続けながら、残りの週末をクリーンにできるよう努めていくよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ] ヒュンダイi20クーペ WRC
■ティエリー・ヌービル/総合3位

Hyundai Motorsport GmbH

「今日は、かなり満足できる一日になったと思うし、シェイクダウン以降、マシンに関していい作業ができた。フィーリングは100%ではなかったし、最初のステージではペースノートが少し遅過ぎたが、うまく前進できた。初日を終えた時点で首位も視野に入れられるのは、期待が持てる展開。さらに速く行くためにはもう少しグリップが必要なのかもしれないが、明日、立て直していくためにしっかり地盤ができた」

■ダニ・ソルド/総合4位

Hyundai Motorsport GmbH

「素直には進まなかったが、ポジティブなこともあった。最初のステージは本当によかったし、まずまず速いタイムも出せた。午後のループは難しくなって、速さが出せなかった。土曜日は厳しいスケジュールなので、改良できる部分がないか、見てみなくてはならない。明日は距離が長いので、リザルトにとっても重要な一日になる」

■セバスチャン・ローブ/総合8位

Hyundai Motorsport GmbH

「ラリーが進んでいくにつれて状況もよくなっていき、午後のループはかなり自信が感じられた。今日最初のステージの序盤で、かなりタイムをロスした。小さなミスをして、コーナーの出口でサスペンションの何かが破損し、それを直さなくてはならなくなった。日中サービスがなかったので、できることを続けるしかなかった。一日の間にセッティングを変えてうまく改良できた部分も見つけられたので、土曜日はいい流れでいきたい」

[シトロエン・トタルWRT] シトロエンC3 WRC
■セバスチャン・オジエ/総合6位
「難しい一日で、アンダーステアに苦しんだ。レグの真ん中で少し調整を行い、午後はタイムロスを抑える事ができたが、それでも足りなかった。この問題を直すためのセッティング変更にいくつか考えがあるので、明日はいい方向に進められるという高い期待は持てる。もちろん、順位を挽回できるために、全力を尽くすよ」

■エサペッカ・ラッピ/総合7位
「今日のステージのワイドで高速のセクションではハードにプッシュしたが、セブと同じようにコーナーでの走りに苦戦した。スピンもあった。チームは正しい方向に修正してくれると信じているし、もちろん自分も全てを尽くしていく」



RALLY CARS