ペター・ソルベルグ「息子が自分と同じスバルをドライブしているのを見るのは特別の経験」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ペター・ソルベルグ「息子が自分と同じスバルをドライブしているのを見るのは特別の経験」

©subaru.com/rally

初めて挑んだ米国のラリーで総合2位でのフィニッシュを飾った、オリバー・ソルベルグ。スバル・モータースポーツUSAから参戦した17歳の若手がドライブしたのは、かつて、父であるペター・ソルベルグがWRCで駆っていたマシンと同じブランド、同じ色のマシンだった。

そのペターは、渡米の段階からパニラ夫人とともに帯同し、テストから息子のチャレンジを見守った。スバル勢最上位でフィニッシュした今回の大健闘に、自身のFacebookページで
「Yes! オリバー・ソルベルグとアーロンがスバル・モータースポーツUSAからのデビュー戦で2位、ポディウムだ!」と大興奮のコメントを寄せた。

「新しい4WDマシンでの初めてのグラベルラリー、簡単ではなかった。昨日はパンク、今日はフロントガラスが割れたりもしたが、2人は本当によくやった。素晴らしい速さを披露して、何本もベストタイムを叩き出し、週末を通して見事な走りを見せた。最高の仕事だ。息子を誇りに思うよ!」

「自分の息子が、まさに何年か前の自分のように、あの色のスバルをドライブしているのを見るのは、自分とパニラにとって、本当に特別な経験だった。そして、オリバー・ソルベルグ自身にとってもね! 最高のデビュー戦を心から誇りに思うし、とてもうれしい。今年の米国でのシーズンが本当に楽しみだよ」

ワールドラリーカレンダー2020