全日本ラリー新城:初日、奴田原に1.7秒の僅差をつけて勝田がトップ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー新城:初日、奴田原に1.7秒の僅差をつけて勝田がトップ

©RALLY PLUS

2019年全日本ラリー選手権2戦「新城ラリー2019」は、3月16日(土曜日)に6カ所のスペシャルステージを走行し、勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)が、2番手の奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX)に1.8秒差をつけて、初日をトップで終えた。

午前中のセクションを終えて奴田原、新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)に続く3番手に付けていた勝田は、SS5で新井に5.4秒差をつけるベストを叩き出すと、一気に首位に浮上してみせた。

「かろうじてトップです(笑)。午後は頑張って攻めました。今朝の1本目からプッシュできていれば……という反省がありますが、精一杯走ったので仕方がないです。まだラリーは半分が終わっただけですし、明日も長い。公園ステージとOnikuboで負けないようにして、Ganpoでもっと頑張らなければならないですね」と、勝田に安堵の表情はない。

4度のベストを刻みながらも、僅差の2番手となった奴田原は、「午後は思ったようにタイムが上がりませんでしたね。SS5は勝田選手が速かったです」と、悔しさをのぞかせた。

SS5で右フロントタイヤをスローパンクチャーし、順位を落とした新井は首位から5.5秒差の3番手。「SS5の最後の3~4kmは左カーブで上手く走れなくて、フィニッシュで確認したらパンクしていました。SS6でも左リヤタイヤに問題を抱えて走ったので、攻められませんでした。それでもまだ大きな差はついていないので、明日も頑張ります」と、挽回を誓う。

20.6秒差の4番手は柳澤宏至/保井隆宏(スバルWRX STI)。「悪くない走りはできたんですが、上の3人と差が開きすぎている」と、柳澤は首をかしげる。その0.1秒後方、5番手には福永修/齊田美早子(三菱ランサーエボリューションX)がつける。

JN2クラスは開幕戦で勝利した眞貝知志/安藤裕一(TGR Vitz GRMN Rally)が、危なげなくトップに立っている。

RALLY PLUS

新城ラリー2019 SS6終了時点結果
1. 勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI) 29:16.2
2. 奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX) +1.8
3. 新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI) +5.5
4. 柳澤宏至/保井隆宏(スバルWRX STI) +20.6
5. 福永修/齊田美早子(三菱ランサーエボリューションX) +20.7
6. 山本悠太/山本磨美(トヨタ86) +1:29.6

9. 高橋悟志/美野友紀(スズキ・スイフトスポーツ) +1:46.0
10. 眞貝知志/安藤裕一(トヨタ・ヴィッツGRMN) +1:54.8
13. 天野智之/井上裕紀子(トヨタ・ヴィッツ) +2:13.9
20. 大倉聡/豊田耕司(トヨタ・ヴィッツCVT) +3:03.0



RALLY CARS