WRCメキシコ:シトロエンのオジエが今シーズン2勝目 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCメキシコ:シトロエンのオジエが今シーズン2勝目

©Red Bull

WRC第3戦メキシコはすべての競技を終え、シトロエンのセバスチャン・オジエがサバイバルラリーを制し今季2勝目を挙げた。2位にはトヨタのオィット・タナック、3位にはMスポーツ・フォードのエルフィン・エバンスという順位となった。

TOYOTA

最終日に設定されたのは、SS19からSS21の3SS、60.17km。すでに総合首位オジエと総合2番手エバンスの差は27秒と拡大しており、注目はエバンスとそれを2.2秒の僅差で追うタナックのバトルに集まった。オープニングのSS19、勝負どころとにらんだタナックは渾身のベストタイムをマーク。総合順位では2秒の差をつけてエバンスを逆転、2番手へと浮上した。

M-SPORT

タナックは続くSS20でも一番時計をたたき出し、エバンスとの差をさらに拡大しにかかる。エバンスもSS3番手タイムをマークするがおよばず、その差は7.2秒となってしまった。そして最終SS、パワーステージでは首位のオジエが暫定SSベストタイムをマークしていたトヨタのクリス・ミークを0.025秒上まわり、ボーナスポイント5点を獲得。今シーズン早くも2勝目を挙げ、自身の通算勝利数を46とした。2位タナック、3位エバンスと続き、4位にヒュンダイのティエリー・ヌービル、5位にトヨタのクリス・ミークとなった。

HYUNDAI

この結果、ドライバーズポイントはタナックが4点差で首位をキープ、マニュファクチャラーズポイントも8ポイント差でTOYTOA GAZOO Racingがリードしている。

次戦は3月28日〜31日に開催される第4戦ツール・ド・コルス。シーズン初のフルターマックラリーとなる。

WRCメキシコ 暫定結果(トップ10)
1. S.オジエ(シトロエンC3 WRC) 3:37:08.0
2. O.タナック(トヨタ・ヤリスWRC) +30.2
3. E.エバンス(フォード・フィエスタWRC) +49.9
4. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +1:27.0
5. K.ミーク(トヨタ・ヤリスWRC) +6:06.2
6. B.ゲラ(シュコダ・ファビアR5) +15:35.5
7. M.ブラシア・ウィルキンソン(シュコダ・ファビアR5) +18:51.5
8. J-M.ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +18:55.9
9. D.ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) +22:44.1
10. R.トリビーノ(シュコダ・ファビアR5) +26:21.7

RALLY CARS