第6戦アクロポリス3日目:ラトバラ脱落でローブvsソルベルグの様相! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

第6戦アクロポリス3日目:ラトバラ脱落でローブvsソルベルグの様相!

 

 競技3日目となる5月26日(土)はルートラキの南側エリアが舞台。4本のステージをサービスをはさんでループする計8SSの合計距離は149.56km。ステージは全体的に荒れている。

 デイ1で首位セバスチャン・ローブとの差を6.5秒にまで詰めたヤリ-マティ・ラトバラは、SS11とSS12で連続ベストタイムを刻み差を1秒に縮めた。その後方では「マシンにダメージを与えないように注意している」というペター・ソルベルグが3位を堅守。4位ミッコ・ヒルボネンとの差をじわじわと広げていった。午前中最後のSS13ではローブがベストタイムで、ラトバラとの差は2.2秒に。ラトバラは「マシンも走りも悪くない。午後も攻め続けるよ」と、プレッシャーをかける。

 しかし、ラトバラはSS14で走行ラインが膨らみパンク。なんとか走り続けるもホイールが破損、タイヤ交換によりローブから3分24秒遅れで何とかフィニッシュした。だが、リムだけで走行した結果、ブレーキも破損。デイ2終わって4位を死守したものの、3位ヒルボネンと3分以上の差で、表彰台さえも難しくなってしまった。

 脱落したラトバラにかわり首位ローブに挑みかかったのは2位に浮上したソルベルグだ。降雨でローブがペースを落としたこともあるが、午後に3連続ベストタイムで10.2秒差まで迫った。

「ミスを犯さぬような走りを続けた。明日が楽しみだよ」と、笑顔のソルベルグ。しかしローブも「ペターと戦う準備はできている」と余裕の表情だ。

 3位ヒルボネンはソルベルグから1分41.7秒遅れており、優勝争いはローブとソルベルグのふたりに絞られた。



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018