シュコダ、次世代版ファビアR5をジュネーブショーでアンベール – RALLYPLUS.NET ラリープラス

シュコダ、次世代版ファビアR5をジュネーブショーでアンベール

©Skoda Auto

シュコダ・モータースポーツは、3月7日に開幕するジュネーブ国際モーターショーで、ファビアR5のアップデート版をアンベールすると発表した。

アップデート版ファビアR5は、2019年版の量産車のシュコダ・ファビアの設計の鍵となる要素に対応したもの。さらに、ラリーマシンとしての技術面にも改良が行われる。次世代型ファビアR5の1.6リットルターボエンジンは、パワー出力とエンジンレスポンスが向上するようにアップグレードされたという。このファビアR5は、2019シーズンの後半にFIA公認の取得を予定しており、その後、世界各国のカスタマーへの供給が始まる。

「次の世代のファビアR5は、世界各国でカスタマーを支援し続けるため、シュコダのワークスチームがコンペティティブであり続けるための重要なステップだ」とシュコダ・モータースポーツの代表、ミハエル・ハラバネクはコメントする。

アップデート版ファビアR5は、既にグラベル、ターマック、スノー、アイスの路面で何千kmにも渡るテストを行っているという。
「ホモロゲーション公認の作業が終わってカスタマーの手にマシンが渡った時に、開発が完全で何の心配もなく競技に参加できるよう、確実に作業を行っている。新しいラリーマシンの開発は、シュコダ・モータースポーツの最優先事項。クオリティ管理のプロセスを寸分も違わぬよう厳しく進めている」



RALLY CARS