モリゾウ選手も応援! TEAM SHOWが全日本ラリー、パイクスピーク、アジアクロスカントリーに参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

モリゾウ選手も応援! TEAM SHOWが全日本ラリー、パイクスピーク、アジアクロスカントリーに参戦

 

6月8日、お台場メガウェブにおいて、俳優の哀川翔選手率いる「SHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAM」が2012年の参戦体制を発表し、トヨタ86のラリーカー、トヨタFJクルーザーによるデモラン&同乗走行を行なった。

●JAF全日本ラリー選手権
全日本ラリー選手権には、GAZOO Racingの支援を受けてトヨタ86で参戦。1台はラリー挑戦初期からコンビを組む哀川翔/安東貞敏組。もう1台は若手ラリードライバー育成プログラム「Be a HERO」の選考会で7名の若手候補の中から抜てきされた、弱冠19歳の小橋正典選手だ。小橋選手はカート経験を持ち、D1ストリートリーガル(車両に大きな変更を加えず公道を走れるマシンで争われるドリフト競技)に2008年から参戦。FRレイアウトのマシンコントロール能力を買われての採用となった。

参戦イベントは7月の第5戦モントレーin渋川(グラベル/群馬)、第6戦丹後半島ラリー(ターマック/京都)、第7戦ラリー北海道(グラベル/北海道)、第8戦ハイランドマスターズ(ターマック/岐阜)、第9戦新城ラリー(ターマック/愛知)を予定している。

●アジアクロスカントリーラリー
昨年も見事に完走したアジアクロスカントリーラリー(グラベル/タイ〜カンボジア)に今年もチャレンジする。マシンはトヨタFJクルーザーで、T1クラス1に FLEX SHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAM」から参戦。1号車は哀川/寺田昌弘組、2号車は奴田原文雄/市野諮組の2台体制だ。

●パイクスピークインターナショナルヒルクライム
2011年は哀川/奴田原組で挑んだパイクスピークインターナショナルヒルクライムに、今年は哀川選手がチーム監督となり、ドライバーを奴田原文雄選手が務める。マシンはドイツTMGがプリペアするTMG EV P002で、ELECTRICクラスでの挑戦となる。

発表会ではサプライズとして、モリゾウことトヨタ自動車社長、豊田章男氏が、「SHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAMの積極果敢なチャレンジは、クルマファンの皆様に元気と笑顔をもたらしてくれるでしょう。私モリゾウもひとりのクルマファンとして本当にうれしく思います。これからもクルマの楽しさをより多くの方に知っていただけるよう、ともに頑張って参りましょう。私もラリーには大変興味がございます。今日は参加できなくて残念ですが、またの機会に是非ご一緒したいですね」とのメッセージを贈った。



ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018