WRCモンテカルロ:ローブ「ヒュンダイでの初ベストをマークできてうれしい」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:ローブ「ヒュンダイでの初ベストをマークできてうれしい」デイ2コメント集 

©Hyundai Motorsport GmbH

ラリーモンテカルロ、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。ヒュンダイからの初戦、本格的な競技の初日にステージウインをマークしたセバスチャン・ローブ。楽しむための復帰と語りながらも、持ち前の強さが健在であることも覗かせた。

[シトロエン・トタルWRT]
シトロエンC3 WRC

■セバスチャン・オジエ/総合首位

Citroen / @World

「1本のステージから、次のステージにはコンディションやリズムが激変したり、今日も難しい一日だったが、それを終えてラリーをリードできているのはもちろんうれしい。午後はたぶん、タイヤのセットアップは理想的ではなかったと思うが、それでも対応できた。自信を持ってC3 WRCをドライビングできているし、賢明なアプローチで臨む戦略は、ここまでうまくいっている。自分たちも一切ミスをしていない。この流れを続けていきたい。明日も、かなりトリッキーになりそうだからね」

■エサペッカ・ラッピ/SS6でデイリタイア

Citroen / @World

「最初のステージがキャンセルになって、他の多くのクルーと同じように自分たちのタイヤ戦略はかなり妥協しなくてはならなくなった。そして午後はあるコーナーで、たぶん石にヒットした。これでサスペンションが破損し、修復できなかった。もちろん残念だが、ラリーの残りはC3 WRCに慣れることに徹したい。違うセッティングを試せるかもしれないしね」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合2位

Hyundai Motorsport GmbH

「午前のループはいい内容だった。最初のステージはキャンセルになったが、タイヤチョイスが当たり、タイムも取り戻すことができた。全て順調だった。自分のドライビングにはハッピーだったし、ペースノートもよく、マシンにも自信を持てていた。午後のループは計画通りに進まず、あるコーナーの進入が速過ぎて、避難路に入らなくてはならなかった。19秒近くをロスし、リードを守れなくなったのが悔しかった。ハードなプッシュを続け、この日はベストタイムでオジエとの差を詰めて終えることができた。これで、ラリーはかなりエキサイティングになるよ! 今日、とてもいい仕事をしてくれたグラベルクルーに感謝している。おかげで、100%の自信でアタックすることができた」

■アンドレアス・ミケルセン/総合3位

Hyundai Motorsport GmbH


「今日もタフな一日だったので、暫定順位でポディウム圏内につけられてうれしい。このコンディションではミスしやすいので、クリーンな走りで比較的コンペティティブな一日になって、うれしいよ。タイヤチョイスは、誰にとっても難しかった。最初のステージがキャンセルになったことは、自分たちには助かった。午後は、タイヤのバイブレーションがひどかった。どこでアドバンテージを得られるか、不利な状況を最低限に抑えるかを模索しなくてはならないラリーでは、いたちごっこの状態だったよ」

■セバスチャン・ローブ/総合5位
「ヒュンダイi20クーペWRCでの初めてのステージウインをマークできて、よかった。WRCでステージウインを獲るのは簡単なことではないので、とてもいい気分だ。全体として、かなりいい一日になった。午前のループはスリックタイヤを選んだので、最初のステージがキャンセルになったのは助かった。午後は、最初のステージでタイムをロスするだろうということは分かっていた点は同じ状況だったが、他のステージではタイムを取り戻した。マシンのフィーリングはとてもいい感じなので、土曜日もこのリズムを続けることを目指す」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合4位

Toyota Gazoo Racing WRC

「全体的には、とてもポジティブな1日。午前はとてもいい戦略を用意していたが、最初のステージがキャンセルされた影響が大きかった。でも、自分のドライビングに関してはいいフィーリングが得られるようになっていった。午後はSS7でスノータイヤと舗装路用タイヤをミックスしたが、少し慎重過ぎたと思う。SS6とSS8では安全策でスノータイヤ4本にしたが、それは正しかったと思う。明日は3位争いに加わり、最終日に表彰台に立てるように頑張りたい 」

■オィット・タナック/総合7位

Toyota Gazoo Racing WRC

「非常にチャレンジングな1日だった。午前は最初のステージを重視した戦略で臨んだが、そのステージがキャンセルとなったので、タイヤ戦略が機能しなくなってしまった。午後の1本目は路面コンディションが非常にトリッキーで、雪、みぞれ、ドライ路面が混ざっていた。次のステージではパンクを喫し、クルマを停めてタイヤ交換をしなくてはならなかった。午後の最後のステージでは、安定した走りができた。まだ先が長いので、明日以降も全力を尽くす 」

■クリス・ミーク/総合8位

Toyota Gazoo Racing WRC

「出走順は理想的ではなかったし、自分よりも前に走ったマシンから大量の泥が舗装路にかき出され、路面が非常に滑りやすくなった。それでもいいタイムが出ていたし、順位も上がったが、その後ホイールにダメージを受け、クルマを停めてタイヤ交換を余儀なくされた。それでも、約9カ月のブランクを経て心から運転を楽しんでいるし、あと少し運が巡ってくれば、表彰台にも上がれるはず。他力本願の状態ではあるが、希望を失わずに戦い続ける」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■エルフィン・エバンス/総合6位

M-Sport

「マシンの中ではかなりいい一日になったが、午後はタイヤチョイスが少し無謀すぎたかもしれない。これもゲームの一部だし、SS7では純粋なターマックをフルターマックタイヤで走れたのは、とてもいい気分だった。残りの一日はかなりトリッキーで、凍ったセクションではタイムをロスし過ぎた。でも、このラリーはこういうものだ。まだ生き残っているので、明日も続けていく」

■テーム・スニネン/総合22位(ラリー2)

M-Sport

「もちろん、常に速く走っていたいが、今日は全てのステージを走り切って、このラリーのことを学べたので、いい一日だったと思う。午後はスリック4本、スタッド2本で行ったが、少しリスクがあった。最初のステージではスノー区間が7、8kmあり、ここでタイムをロスした。でも次のステージでは4番手タイムだったので、これが可能な限り最善のタイヤチョイスだったと思う」

■ポンタス・ティデマンド/SS7でデイリタイア

M-Sport

「あるコーナーで、ラインを辿っていたらイン側に何かがあり、ウィッシュボーンを破損した。何があったのかは分からないが、エサペッカがダメージを受けたところと同じコーナーだ。それまではペースはどんどん良くなっていった。ベストのところまで行くには時間がかかるが、全てがいい方向に進んでいる手応えを感じている。もちろん、今回はとにかく学ぶために来ているし、明日もこの流れを続けていく」



ワールドラリーカレンダー2020