WRCモンテカルロ:ヒュンダイのローブ「楽しむためのWRC復帰」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:ヒュンダイのローブ「楽しむためのWRC復帰」

©Hyundai Motorsport GmbH

ヒュンダイからWRCラリーモンテカルロに参戦するセバスチャン・ローブが、メディアの取材に対応した。

Q: なぜWRCへの復帰を決めたのか。
「世界ラリークロスのプログラムが中断することが決まり、2019年は何をしようか、何もアイディアがなかった。のんびり時間を過ごすのもアリだと思っていた。2018年はWRCに3戦出て、スペインでは勝った。2018年は、それが一番の思い出だった。そんな時に、ヒュンダイから6戦に参戦しないかという連絡をもらい、自分の心に響いた。復帰は、楽しむため。個人としての喜びのためだ」

Q: 6戦の具体的な内容は決まっているのか。
「モンテカルロとコルシカは決まっているが、それ以上の内容はまだ確定していない」

Q: ドイツに参戦する可能性は。
「分からない。どんな可能性もあり得る」

Q: さらに参戦が増える可能性は。
「その予定はないし、話にも出ていない」

Q: テストはどうだったか。
「フィーリングはよかった。ドライブしやすい。まだ伸び代はあると思うので、ヒュンダイと一緒に取り組んで行きたい」

Q: 新しいチームはどうか。
「新しい冒険として、とてもいい感じ。みんながモチベーションを高めている。とてもいい雰囲気だ。一緒に働きやすいよ」

Q: ダカールをフィニッシュして間もないが。
「ダカールから休む間もなくテストに参加した。時差ボケもあり、少し疲れたかな。でも大丈夫」

Q: ペースノートには自信はあるか。
「簡単ではないね。今回は、全てが初めてだから、それを競技環境で始めることが目的。こんなに長い距離のステージを、まだ2回ずつしか走っていないのだから、100%の自信はない。完璧ではないよ」

RALLY CARS