2019年、日本ラウンド開催へ機運高まる – RALLYPLUS.NET ラリープラス

2019年、日本ラウンド開催へ機運高まる

©RALLY PLUS

8月22日、都内でWRC日本ラウンド招致準備委員会が報告会を開催した。主な内容は1月の東京オートサロンで発表された招致活動の進捗についての報告。そのなかでWRCプロモーターとの契約締結、先日報じたとおりのFIAカレンダー申請、大会名称、開催地域の概要についてが明らかにされた。主な内容は以下のとおり。

【WRCプロモーターとの契約締結は4年間】
国内プロモーターとなる株式会社サンズは、WRCプロモーターGmbH(ドイツ・ミュンヘン)と日本ラウンドの興行に関する契約「Event Promotion Agreement」を締結。契約期間は4年間で、日本ラウンドの2019年WRCカレンダー入りが決まった場合には2019年から2022年までがその期間となる。

【JAFを通じFIAへ2019年のカレンダー登録申請】
先日報じたとおり、JAFを通じてFIAに対して2019年のWRC日本開催カレンダー申請を行った。日程の候補は
・11月14日〜17日
・11月7日〜10日
・9月12日〜15日
の3つが挙げられており、FIAの承認・決定を経てカレンダー入りが決まる。

【大会名称はRally Japan】
2004年から2008年、2010年にかけて開催されてきたWRC日本ラウンドを引き継ぐかたちで、Rally Japan(商標登録出願中)とされている。

【開催地域の詳細】
開催市町についてはすでに報じられているものから変更はない(下記)が、モリコロパーク内にある1周5kmのサイクリングロードを使用したスペシャルステージ開催についても言及された。

愛・地球博記念公園(長久手市:通称モリコロパーク)および
周辺自治体の一般公道・林道(舗装路)
愛知県(名古屋市・豊田市・岡崎市・新城市・長久手市・設楽町)
岐阜県(中津川市・恵那市)

国内プロモーターを務める株式会社サンズの坂井正治代表取締役は「地域とモータースポーツを考えることがこれからのラリーにとって重要。参加者はもちろん、地域住民の方々にも、皆が一緒に楽しめる、お祭りのように楽しんでいただけるような、日本らしいラリーを、愛知・岐阜という日本のどまんなかで開催していくことを思い描いています」と、9年ぶりの日本開催に向けて意気込みを語った。

同じく株式会社サンズの高橋浩司氏(写真)は、「来季開催に向けて大きなステップだが、今後は審査や評議会を経て、最終的に決定するのは12月頃というかたちになる予定です。現時点では招致活動が順調にいっているというご報告です。まだまだたくさんやらなければならないことがある。行政・警察、地域の方々のご協力を得ながら進めていきたい」と語っている。