WRCドイツ:SS1はトヨタのタナクがトップ、2番手にファビアR5のロバンペラ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCドイツ:SS1はトヨタのタナクがトップ、2番手にファビアR5のロバンペラ

©TOYOTA

8月16日〜19日にかけて開催されるWRC第9戦ラリードイツは、木曜日のシェイクダウンテストを終え、市街地ステージのSS1を開催。トヨタ・ヤリスWRCを駆るオット・タナクがトップタイムをマークし、ライバルに先制した。

SKODA

この日行われたのは、サービスパークから南に移動したザンクト・ベンデルの郊外を舞台とした市街地SSひとつのみ。近年ではあまり使われてこなかったSSだが、多くのファンが詰めかけた。シェイクダウンテストでトップタイムをマークしていたタナクはここで一番時計をマーク、わずかながらもリードをもって2日目以降のステージに臨む。

HYUNDAI

わずか2.04km、しかもツイスティなステージとあって、2番手にはシュコダ・ファビアR5のカッレ・ロバンペラが続くこととなった。ロバンペラはこれがWRCでのターマックデビュー戦。並々ならぬスピードの片鱗を見せつけた。3番手にはオーレ・クリスチャン・ベイビー、5番手にはヤン・コペッキーと、ほかのファビアR5勢もWRカーに割り込むタイムをマークしている。以下4番手にヒュンダイのダニ・ソルド、5番手のコペッキーを挟んで6番手にMスポーツ・フォードのセバスチャン・オジエ、7番手にはヒュンダイのアンドレアス・ミケルセン、8番手にはシトロエンのクレイグ・ブリーンとなっている。

現時点でのタイム差は、トップのタナクから11番手のエサペッカ・ラッピ(ヤリスWRC)までわずか1.5秒。本格的なラリーは19.44kmのSS2からスタートする。SS2は17日の17時11分(現地時間17日10時11分)スタート。

M-SPORT

WRCドイツ SS1後暫定結果
1. オット・タナク/マルティン・ヤルベオヤ トヨタ・ヤリスWRC 2:11.2
2. カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルッツネン シュコダ・ファビアR5 +0.1
3. オーレ・クリスチャン・ベイビー/スティグ・スキャルモン シュコダ・ファビアR5 +0.2
4. ダニ・ソルド/カルロス・デル・バリオ ヒュンダイi20クーペWRC +0.4
5. ヤン・コペッキー/パベル・ドレスラー シュコダ・ファビアR5 +0.6
6. セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア フォード・フィエスタWRC +0.9
7. アンドレアス・ミケルセン/アンデルス・ヤーゲル ヒュンダイi20クーペWRC +1.0
8. クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン シトロエンC3 WRC +1.1
9. ウンベルト・スキャンドーラ/アンドレア・ガスパリ シュコダ・ファビアR5 +1.3
10. カエタン・カエタノビッチ/マチェク・スチェパニアク フォード・フィエスタR5 +1.4
11. エリック・カミリ/ベンヤミン・ベイラス フォード・フィエスタR5 +1.5
12. エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム トヨタ・ヤリスWRC +1.5
13. ティエリー・ヌービル/ニコラ・ジルスール ヒュンダイi20クーペWRC +2.0
14. ステファン・ルフェーブル/ギャビン・モロー シトロエンC3 R5 +2.2
15. ヤリ‐マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ トヨタ・ヤリスWRC +2.6
17. テーム・スニネン/ミッコ・マルックラ フォード・フィエスタWRC +3.3
20. エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット フォード・フィエスタWRC +3.8
21. マッズ・オストベルグ/トルステイン・エリクセン シトロエンC3 WRC +3.8



RALLY CARS