ブリーン、WRCフィンランドのトレーニング参戦の内容に手応え – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ブリーン、WRCフィンランドのトレーニング参戦の内容に手応え

©CITROEN

シトロエン・トタル・アブダビWRTのクレイグ・ブリーンが、WRCフィンランドに向けてのプリペアの一貫として、ラリーエストニアに参戦。ベストタイム3回をマークして、3位フィニッシュを果たしたことをチームが伝えている。

7月末に開催されるWRCフィンランドに向けて、超高速グラベルステージのラリーでコンペティティブな内容となったこの週末の結果は、ブリーンにとって大きな自信となったようだ。

今回の参戦では、地元の英雄でもあるトヨタのオット・タナク、ヒュンダイのヘイデン・パッドンといったWRC勢も参戦。ステージウイン獲得数では、総合優勝を果たしたタナクに続き2番目に多い3本をマークした。イベント中、シトロエンC3 WRCにはハンドリングのモディファイを投入しており、バランスが向上したという。レグ1を2番手で終えたブリーンは日曜日にTC到着が遅れたためにタイムペナルティを受け順位を下げたが、3位でのフィニッシュを果たし、WRCフィンランドのリハーサルを上々の内容で終えた。

2016年のWRCフィンランドでは3位フィニッシュも経験しているブリーンは「いい週末になったし、自信を感じられただけでなく、有益なデータも得ることができた」とコメント。
「金曜日のシェイクダウンではセッティングが合って順調に滑り出し、徐々にペースを上げていった。今回の内容にはとても満足しているし、フィンランドのイベント前テストでファインチューニングを始めるのが待ち切れないよ」



RALLY PLUS