トヨタ、新型「カローラ スポーツ」を発売 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、新型「カローラ スポーツ」を発売

©TOYOTA

トヨタは、6月26日に「カローラ スポーツ」の販売を開始した。

新型カローラ スポーツは、その名のとおりスポーティなデザインにこだわり、走りにおいても、5大陸、延べ100万キロの走行試験を実施。グローバルカーとして、あらゆる環境下のユーザーにとって「走る喜び」を感じられるクルマに仕上げられている。

TOYOTA

パワートレインには、1.8Lエンジン(2ZR-FXE)+ハイブリッドシステムと1.2L直噴ターボエンジン(8NR-FTS)を用意。1.2L直噴ターボエンジンは低回転域から最大トルクを発生する。

サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにはダブルウィッシュボーン式を採用。ガソリンターボ・CVT車には10速スポーツシーケンシャルシフトマチックを採用し、走りの楽しさを追求した。さらに、8月にはインテリジェント・マニュアル・トランスミッション(iMT)搭載車の発売が予定されている。

また、カローラ スポーツは、トヨタの初代コネクティッドカーとして、人とクルマ、クルマと社会がつながり、ひとりひとりのユーザーにあった「安全・安心」「快適・便利」なきめ細やかなサービスを提供し、単なる移動手段にとどまらず、クルマと人の全く新しい関係を構築するという。

価格はハイブリッドが241万9200円〜268万9200円。1.2Lターボが213万8400円〜261万3600円となっている。



RALLY PLUS