ミーク離脱のシトロエン、WRCイタリアはブリーンとオストベルグで参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ミーク離脱のシトロエン、WRCイタリアはブリーンとオストベルグで参戦

©CITROEN / @World

今週開催されるWRCイタリアに、シトロエンはクレイグ・ブリーン、マッズ・オストベルグと2台のC3 WRCで挑む。

クリス・ミークの参戦中断という衝撃的なニュースの混乱も収まらないまま迎える、シーズン中盤戦。オストベルグは、これが3度目のC3 WRCでの参戦となる。2014年には、フォルクワーゲン勢との熾烈な戦いの末に、2位でのフィニッシュを果たしているオストベルグ。この時も、マシンはシトロエンを駆っていた。グラベル掃きの影響の大きいラリーだが、走行順10番手というアドバンテージを活かし、好リザルトを目指す。
「サルディニアは好きなラリーのひとつ。いつも、いい速さを見せてきた」と自信を見せるオストベルグ。
「ポルトガルではC3 WRCのことをより深く知り、終盤はかなりいいスピードを出せるようになった。イベント前には2日間のテストを行った。走行順をフルに活かして結果につなげたい」

チームメイトのブリーンも、初日の出走順は8番手。サルディニアの参戦は今回で3回目だが、前戦ポルトガルでも序盤は好走を見せ一時は総合3番手にもつけていただけに、有利な状況を活かしきりたいところだ。
「参戦経験の少ないラリーだが、幸い昨年から大きな変更はないので、ほとんどのステージはペースノートを持っている」とブリーン。
「ナローでテクニカルなステージでは、ドライビングスタイルを適応させていくことは難しい。でも走行順はいいので、初日はこの条件をフルに活かして行こうと思う」

ラリプラメンバーズ2019