ペター、苦渋の決断。2013年は不参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ペター、苦渋の決断。2013年は不参戦

 

 ペター・ソルベルグは2013年のWRCに参戦しない旨を発表した。今後はさらなる成功を目指し、WRC以外の選択肢を探っていく方向だという。

「この15年間、僕はWRCで走れたことをとても誇りに思っているし、多くの人たちに感謝している。この決断については、言葉で言い表せないくらい悲しい気持ちだよ。もちろん、走れるのであればまだまだ走りたい。でも、2013年の選択肢に、WRCはもうないんだ。これまでも、たとえギャラがなくても走るつもりはあると言ってきた。でも、自分でお金を払って乗るようなことはしたくなかったんだ」と、ソルベルグはリリースの中で述べている。

「もちろん、これでお別れと言うわけじゃない。でも、現時点ではこれがベストな選択肢なんだ。自分でも、これまでよくやってきたと思っているし今後も走れると思っているが、Mスポーツの財政状況が厳しいことも理解しているつもりだ。チームには来年も頑張ってもらいたいと願っているよ」



RALLY CARS
ワールドラリーカレンダー2018