APRCニュージーランド:炭山がAPRC優勝、総合優勝はパッドン – RALLYPLUS.NET ラリープラス

APRCニュージーランド:炭山がAPRC優勝、総合優勝はパッドン

 

2018年APRC開幕戦インターナショナルラリーオブワンガレイ(ニュージーランド、グラベル)は5月6日、レグ2に設定された8SS・124.56kmの走行が行われ、今季、シュコダ・ファビアR5でシリーズフル参戦に挑むクスコレーシングの炭山裕矢が部門優勝を飾った。
「本当にハッピーだし、とてもラッキーだった。道は超高速で、今日はとにかくさらに速い走りを目指した。部門優勝を飾れたのはラッキーだった」と炭山。

APSM.tv

前日、ラジエターをヒットしてレグリタイアを余儀なくされていたチームメイトのマイケル・ヤング(トヨタ・ヴィッツAP4)は、マシンの修復を試みたが、この日の再スタートを断念している。日本から参戦した高橋冬彦(スバルWRX STI)は、この日3本目のステージでコースオフ。前日、APRC部門首位に立っていたファビオ・フリジエロ(プジョー208 AP4)は、この日序盤のミスが響き、炭山に部門首位を明け渡した。

総合優勝は、前日大差をつけて首位に立っていたヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20 AP4)が、今戦に設定された18SS全てでベストタイムを叩き出す圧巻の走りを披露。最終的に7分以上まで差を広げ、このイベント4度目の勝利を飾った。

APSM.tv

「全てが計画通りに進み、とてもいい週末になった。ニュージーランドの道を満喫したよ。他の選手も、見事な走りを見せていたので、素晴らしいイベントになった」とパッドン。

APRC第2戦ナショナルキャピタルラリー(オーストラリア、グラベル)は、6月2‐3日に開催される。

APRCワンガレイ 最終結果
1 H.パッドン(ヒュンダイi20 AP4) 1:34:56.2
2 B.ハント(スバルWRX STI) +7:26.3
3 N.クイン(フォード・フィエスタR5) +8:30.9
4 E.ギルモア(スズキ・スイフト) +9:05.1
5 D.ターナー(アウディ・クワトロS1 AP4) +9:44.0
6 J.マーストン(ホールデン・バリナ AP4) +12:39.4

11 炭山裕矢(シュコダ・ファビアR5) +19:28.2
14 F.フリジエロ(プジョー208 AP4) +21:17.4



RALLY PLUS