2018年の世界ラリークロスがバルセロナで開幕 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

2018年の世界ラリークロスがバルセロナで開幕

©FIAWorldrallycross.com / Colin McMaster/McKlein

FIA世界ラリークロス選手権は4月14日、スペインのバルセロナで開幕戦を迎えた。

全12戦で構成される今シーズンは、スーパーカー部門のフル参戦が15台。年々競技レベルが高まっている同シリーズは、今季もさらなる熱戦が期待できそうだ。

開幕戦の舞台となるサーキット・デ・バルセロナ‐カタルニアは、高速コーナーや難セクションが盛り込まれるチャレンジングなコースとして、ドライバーから支持を受けているほか、豪快なレースが繰り広げられることから人気が高い。F1やモトGPのコースとしても使われるこのサーキットは、複合コーナーのジョーカーラップもレースの山場となる。

FIAWorldrallycross.com /

昨年王者のヨハン・クリストファーソンは、今季も元チャンピオンのペター・ソルベルグとともに、PSRXフォルクスワーゲン・スウェーデンからフォルクスワーゲン・ポロRで参戦。チームズ選手権のWタイトル獲得を果たした昨シーズンの勢いを続けていきたいところだ。

一方、2年前の王者、マティアス・エクストロームは、DTMの活動を止めて世界ラリークロスに専念して迎える今季、アウディからワークス支援も獲得し、アウディS1で新たなステップアップを果たす。チームメイトには、アンドレアス・バックラッドを迎える。そして、同じくマニュファクチャラーのワークス活動として展開を開始する新生チーム・プジョー・トタルは、セバスチャン・ローブ、ティミー・ハンセンの布陣で臨む。

ラリークロスの名門オルスベルグMSEは、今季もフォード・フィエスタで参戦。ケビン・エリクソンとロビン・ラールソンを起用する。

注目はGRXタネコ。ティマール・ティマラザヤノフと、ニクラス・グロンホルムを擁し、i20でヒュンダイ勢初となる世界ラリークロス参戦に挑む。さらに、今季はプロドライブが製作したルノー・メガーヌRSが登場。ゲラン・シシェリとジェローム・グロッセ‐ジャニンがドライバーを務める。

一方、ケビン・ハンセン(チーム・プジョー・トタル)、ジャニス・バウマニス(チームSTARD)、グレゴール・デモスティア(セバスチャン・ローブ・レーシング)が、チームズ選手権ポイント対象にノミネートせずドライバーズ選手権のポイント獲得を目指す単独エントリーで参戦する。

FIAWorldrallycross.com /

開幕戦は4月14日にプラクティス、Q1、Q2が行われ、15日にQ3、Q4が行われた後、トップ12がセミファイナルに、さらにトップ6がファイナルに進出する。

ワールドラリーカレンダー2019