WRCスウェーデン:オジエ、念願の今季初勝利! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:オジエ、念願の今季初勝利!

 

 WRC第2戦スウェーデンは、セバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が自身8度目となる勝利を挙げ、フォルクスワーゲンに参戦初年度での優勝をもたらした。オジエの勝利は2011年第11戦のフランス以来。

 競技最終日は計6本のステージのうち、SS18/21 FINNSKOGENとSS19/20 KIRKENERがノルウェー国内での開催となる。また、SS17 MITANDERSFORSはステージ中に国境をまたぐというほかのラリーではあまり見られない設定となっている。

 なんとかしてオジエにプレッシャーをかけたいローブは、この日のオープニングとなるSS17からSS18、SS19と3連続ベストタイム。しかしオジエも3連続セカンドベストで応戦し、当初26.9秒あった差を20.7秒までしか詰めさせない。

 そして、SS19と連続して走るSS20。7.16kmというショートステージにもかかわらず、ここでオジエはSS2番手タイムのローブに3.9秒差をつけるベストタイムをたたき出し、わずかに詰まった差を押し戻す。続くSS21ではローブがスノーバンクにヒットするというミスを犯し、その差は35.4秒に拡大。実質的にこれで勝負の趨勢は決まってしまった。

 オジエは最終パワーステージもベストタイムをたたき出し、フォルクスワーゲンで初めてとなる勝利を獲得した。
「すごいサプライズだよ。僕らは去年1年間を費やして、今シーズンのために準備してきた。でも、これほど早いタイミングでパフォーマンスを示せるとは予想していなかったよ」とオジエ。

 対するローブもオジエの速さを認めている。
「初日のミスが痛かったね。オジエはひとつもミスをしなかった。完璧なラリー運びだったよ。これ以上は追い切れない」

 一方、オジエとローブの後方では、マッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタRS WRC)とヤリ‐マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)の3番手争いも白熱。追うラトバラがじわじわとタイムを削り、オストベルグに5.0秒差まで迫るも、最終的には朝の時点と同じ6.1秒差でオストベルグが3位表彰台を獲得した。
 なお、総合5番手につけていたエフゲニー・ノビコフ(フォード・フィエスタRS WRC)はSS20で横転、順位を落としながらも総合9位で完走を果たした。

【総合順位】
1:S.オジエ(フォルクスワーゲン) 3:11:41.9 
2:S.ローブ(シトロエン) +41.8 
3:M.オストベルグ(フォード) +1:24.5 
4:J.ラトバラ(フォルクスワーゲン) +1:30.6 
5:T.ヌービル(フォード) +5:06.4 
6:J.ハンニネン(フォード) +5:43.1



RALLY CARS
RALLY PLUS