WRCモンテカルロ:イングラシア「コ・ドライバーはみんなよくがんばった」ポスト会見 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:イングラシア「コ・ドライバーはみんなよくがんばった」ポスト会見

©M-Sport / @World

WRCモンテカルロのフィニッシュ後に行われたイベントカンファレンスの内容(抜粋)。ドライバー陣が口を揃えて史上最も過酷なモンテと評した今年のモンテ。目まぐるしく変わるコンディションに、セーフティクルーからの情報管理など通常以上に多くのタスクを果たした全コ・ドライバーを、ウイナーのイングラシアがねぎらった。

●WRCポストイベントカンファレンス出席者
1位:セバスチャン・オジエ=SO(Mスポーツ・フォードWRT)
1位:ジュリアン・イングラシア=JI(Mスポーツ・フォードWRT)
2位:オット・タナク=OT(トヨタ・ガズーレーシングWRT)
2位:マルティン・ヤルベオヤ=MO(トヨタ・ガズーレーシングWRT)
3位:ヤリ‐マティ・ラトバラ=J-ML(トヨタ・ガズーレーシングWRT)
3位:ミーカ・アンティラ=MA(トヨタ・ガズーレーシングWRT)
マルコム・ウィルソン=MW(Mスポーツ・フォードWRTチーム代表)

Red Bull

Q:セブ、タフな展開となったラリーモンテカルロでも勝利を収めた。どのような内容だったか
SO:今回も、大変なチャレンジだった。難しい週末になることも、いいタイヤチョイスをするのが難しいイベントであることも、よく分かっている。オットは手強い相手だったが、ポディウムにいられてよかった。もちろん、とてもうれしいし、シーズンの滑り出しとして最高の形。でも、タイヤでこんなに苦戦したことはなかった。常にコンディションが変化して、絶対に確信が持てるということはなかった。他のみんなよりもミスを抑えられたのもよかった。完璧に週末を過ごすのは不可能だったし、僕らもミスをした。僕らのは小さなミスだったし、だからこそ5連覇が果たせたのだと思う。

M-Sport

Q:土曜日の午前は、どれほどタフだったか
SO:自分のキャリアの中で、間違いなくハードなステージの一つだった。どれだけタフだったかを説明するのは難しい。それに抗議しようとは思わないが、ドライブは楽しくはなかった。生き残るので精いっぱいだった。フィニッシュした時は、本当にホッとしたし、ラインを超えてものすごくうれしかったが、1分遅かったのか速かったのか、サッパリ分からなかった。オットに対して1分差をつけたのを見た時は、うれしい驚きだったね。そこからは差を維持していけばよかったが、簡単ではなかった。このコンディションでタイヤをコントロールするのは、トリッキーだった。あっという間に順位を落とすかもしれなかった。昨日の夜の段階で差を維持できて、うれしかったよ。今日は楽になるかと思っていたが、朝起きると、チュリニは霜とブラックアイスだと伝えられた。最後までトリッキーだったよ。

Q:パワーステージのプランはどんなものだったか
SO:リラックスはできなかったし、全開でも攻めなかった。ティエリーとオットは、ポイントのために攻めてくると分かっていた。ティエリー、アンドレアス、クレイグはパワーステージではソフト4本だった。自分はスーパーソフトが摩耗してしまい、速く走るためには正解の選択ではなかったので、クリーンに走る事に努めた。道は序盤はクリーンだったが、終盤は荒れたコーナーもあり、攻められなかった。今は、1点でもポイントは重要なので、この1点はうれしいよ。

Q:チーム代表としてのマルコム・ウィルソンのパフォーマンスについてどう思うか。よかったか。
SO:イエスというべきだろうね! チーム運営、ロジスティック、メテオ、コーディネーションのことを考えると、モンテカルロはシーズンのスタートとしては常に難しいイベント。すべてがトリッキーだ。チームスタッフの顔ぶれにも変化があり、新しいエンジニア、エストニアから来た新しい天気予報士は残念ながら時々間違ってしまっていたかな! いや、ここはハードなイベントだから、みんながんばってくれた。

Q:ジュリアン、自分の仕事は今回、どれほど難しかったか。
JI:ポディウムに上がる度に言うこと、ライバルが言うことと同じだ。この一週間、息をするヒマもなかったよ。コ・ドライバーはみんな、よくがんばった。みんな、自分と同じだ。ノートを作り、レッキの時から全く変わってしまった状況で新しいノートを読むのは、とても難しい。ノートに書いた記憶とは、道が全く違っていて、ただ読んでいるだけで、自分が言っている事を分析していないことに気付く時もある。リズムがどんどん変わるので、ドライバーが自分を信じてくれてとてもよかったよ。

Q:オット、新しいチームでの初ラリーでポディウム。喜んでいるのでは。
OT:そうだね。そして、安心もしている。ラリーの前は不確定要素が多く、自分がどんな順位につけるのかサッパリ分からなかった。テストはかなりやったが、テストで分かる事は何もない。ラリーの始まりはかなりよかった。少しタイムをロスしたが、その後は徐々によくなっていき、楽しめるようにもなった。コンディションがトリッキーになってからもマシンのフィーリングはよかったし、チームがしっかり支えてくれているのを感じた。みんなが、全力で務めてくれた。満喫できた週末になったし、コンディションは非常にハードだったが、サポートを感じられてよかった。

Toyota Gazoo Racing WRC

Q:雪のコンディションで差が開いた。抑えたのか。
OT:あいにく、ダンパーにトラブルが発生して、何かが壊れた。最初のループは、何とか走り切った。その後はペースを取り戻し、かなり満足している。セバスチャンの背後で戦っていたし、自分たちはコンペティティブだった。今後が楽しみだが、スウェーデンでは僕らが先頭に立つ事になりそうかな。

Q:ノートクルーはどうだったか。
OT:パワーステージの前に電話をくれて、ラリーの後にこの責務について話がしたいと言っていた。自分も理解できる。タフな週末だったし、自分にはできない仕事だ。雨や雪の時に、天気を予測するという難しい仕事をしていた。とてもいい仕事をしてくれた。彼らに苦労をかける時もあるが、彼らのことはもう愛してるくらいだ。

Q:マルティン、12ヶ月前は初めてのイベントでポディウムに上がった。昨年から学んだことは。
MJ:去年はどうなるかサッパリ分からなかったが、今年はタフなラリーになると分かっていた。オットは今回のラリーが楽しいと感じた時もあったと言っていたし、自分もそうだった。自分がただクルマに乗っている人の時もあったし、オットがそうだった時もあった。そうなると、お互い楽しめなくなるんだけどね!

Q:今年のゴールは。タイトルか。
MJ:もちろんタイトルだ。
SO: 夢を持つのはいいことだ。
MJ:さあ、どうなるかな。

Q:ヤリ‐マティ、このリザルトで悪いクセをやめると言っていたが、どういう意味だったのか。
J-ML:ミーカとポディウムに上がったのは、6ヶ月前のサルディニアだ。オーストラリアではポディウムを目指していたし、いつでもいい結果を残したいが、僕らのシーズンは”S.H.I.T.”な感じで終わってしまったし、次のラリーまで2ヶ月待たなくてはならない。いい気分ではないよ。戦いの中でミスをすることはまだしも、戦っていない状況でミスはあり得ない。

Toyota Gazoo Racing WRC

Q:今はその気分はなくなったのか。
J-ML:今はね。久しぶりのパワーステージのフィニッシュでは、どうやってポディウムに行くのかも、思い出せなかったよ!

Q:新しいチームメイト、オットが入ったことで刺激を受けたか。
J-ML:オットとマルティンが入ったことで、チーム全体に活気が生まれたよ。Mスポーツから、とてもいい知識を持ってきてくれた。すごくうれしいし、自分たちのマシンも改善できた。マシンのフィーリングはとてもいいよ。

Q:スウェーデンでは勝っているが、今回もそれが計画か。
J-ML:隣の人が勝ちたがっている。100%間違いないと思うよ。スウェーデンでは、速く走る事だけを心がける。今回はクリーンな走りで、シーズンをいい形でスタートさせることだった。でもスウェーデンは大好きなラリーだ。

Q:ミーカ、今の気分は。
MA:戦いに戻れてうれしいよ。ポディウムに上がった時、ミシュランの帽子が去年の夏から新しいデザインになったと言っていたのだけど、去年の夏から見ていなかったから、ちゃんとは知らなかった。よかったよ。マルティンやジュリアンも既に説明した通り、大変な仕事だったし、役に立たなかったのは携帯の電波とタイミングシステムだね。これは改善してもらえるといいね。

Q:昨日の午前、雪はどんな感じだったか。
MA:クリスマス前にフルスノーでいいテストができたので、それがかなり役に立った。ステージの前、エサペッカとヤリ‐マティが緊張していたので「おい、僕らは北欧出身だぜ! ここでは生き生きしてなくちゃ!」って言ったんだ。

Q:マルコム、格別の勝利では。
MW:想像もできないよ。去年を上回る事はできないが、これまでで最も難しいモンテで勝てたのは、特別だ。通常はどのタイヤを使うかの判断は頭の中で行うが、決める事のできない場面が何度かあった。セブがグラベルクルーと話していたので、何と言っていたのかと聞くと、セブは「彼も分からないって!」と言ったんだ。いかに難しかったか、分かるだろう。

M-Sport

Q:エルフィンも安定してペースを見せ、チームとしていい滑り出しだ。
MW:そうだね、とてもいいパフォーマンスだった。残念ながら木曜日の夜にエルフィンは石に引っかけてパンクしてしまったが、その後はベストタイムも2回出すなどタイムもよかった。今日失ってしまったのは残念だ。チュリニの難しさを分かっていたし、自信が持てていなかった。そうなると、痛手も被る。彼は手堅い仕事をしてくれた。

Q:今年の選手権争いは、いっそうタフになると思うか。
MW:今のところは、マシンもドライバーも、同じように強い。信じられないようなチャレンジになるよ。



ワールドラリーカレンダー2019