WRCモンテカルロ:ラッピ「このリザルトにはかなり驚いている」デイ1コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:ラッピ「このリザルトにはかなり驚いている」デイ1コメント集

©Toyota Gazoo Racing WRC

ラリーモンテカルロ、デイ1終了後の各ドライバーからのコメントをお届けする。WRカーでの初めてのモンテカルロに挑むラッピは、夜間に走行した開幕2本を終えて、総合4位とトヨタ勢最上位につけた内容に驚いているとのコメントを残した。

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■セバスチャン・オジエ/総合首位

M-Sport / @World

「スリックタイヤで凍ったセクションを越えるのはタフになると分かっていたし、実際、自分もスピンした。ほとんどみんなが、一度はヒヤっとしたと思うが、幸い自分たちはあまりタイムをロスせずにすんだ。残りのステージはとてもトリッキーで、グリップが常に変化していたので、どこでプッシュできるか、できないか、見極めるのはチャレンジングだった。マシンにも、このコンディションでの走りにはハッピー。走りやすい状況でなくては、速くなれるチャンスはない。まだ細かい点で手直しできる部分はあるが、いい滑り出しができた」

■ブライアン・ブフィエ/総合8位
「本当にトリッキーなスタートだったが、マシンはアメージングで本当にドライブが楽しかった。これまでのペースノートで、全開セクションなのにこのマシンでは全開ではない、という部分がたくさんあったが、うまく対応できている。2本目のステージでは、もう少しいいドライビングを目指した。ここではクリーンな走りが求められるし、これだけパワーのあるマシンだと膨らんでしまいやすい。でも、学びながら楽しむことを続け、終わった時点でどこにいるか、楽しみにしたい」

■エルフィン・エバンス/総合16位

M-Sport / @World

「カットした時に、右フロントに衝撃を感じた。レッキでカットをしたところだったが、暗かったのでほとんど見えなかった。レッキの時よりもカットし過ぎたのか、足りなかったのかは分からないが、衝撃があり、スタートから10kmくらいのところでタイヤがダメになった。止まって交換する以外に選択肢はなく、暗かったので手間取ってしまった。ダニが通過してすぐにコースに復帰したので、かなりタイムをロスした。新しい冷えたタイヤだったし、凍った区間だったので、走り出しもスムースにはいかなかった。最善の滑り出しとはいかなかったが、まだ先は長いのであきらめない」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■アンドレアス・ミケルセン/総合2位
「誰にとってもトリッキーなスタートだったので、最初の2本の内容にはかなり満足できると思う。コンディションのことを考えて、少し安全パイで走った。どれだけアタックしていいか、判断が難しかった。SS1の終盤になって、ブレーキがなくなり始め、自信を持つという意味では理想的ではなかった。2本目はかなりグラベルが出ていたので、どのコーナーもマージンを取っておかなくてはならなかった。かなりミスをしやすい状況だった。まだ先は長いし、何が起きても不思議ではない」

■ダニ・ソルド/総合3位
「今晩の一番の優先事項は、トラブルをできるだけ避けて2本のステージを走り切ることだった。ステージは複雑だったが、最初のターゲットは果たしたし、金曜日のラリーを楽しみにできる。もちろん、上位争いを続けられるよう、ベストを尽くす」

■ティエリー・ヌービル/総合17位
「願っていたような滑り出しにはできなかった。最初のステージの12km辺りのところで、雪のバンクでスタックした。ハンドブレーキを引いたが、4輪がすべてロックして、ワイドにオフした。あいにく、周囲には数人しかいなかったので、走り出すまでに時間がかかってしまった。2本目はOK、予想よりもスリッパリーだったが、いい走りができたし、まずまずのタイムが出せた。金曜日も、この流れを続けて行かなくてはならない」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■エサペッカ・ラッピ/総合4位
「正直、このリザルトにはかなり驚いている。最初のステージは難しかったが、かなりうまくいったようだ。2本目は、去年は自分は走らなかったのでタイムをロスするだろうと思っていた。それに、カットのところでは慎重になり過ぎた。既にかなりダートが出ていて、こうしたセクションでの自信が少し足りなかった。ラリーの滑り出しとしてはかなり満足しているし、この流れを明日も続けて行くつもりだ」

■オィット・タナック/総合5位

Toyota Gazoo Racing WRC

「トリッキーでモンテカルロらしいスタートだ。最初のステージでは、最初の数kmはかなりドライだったが、その後はしっかり氷の膜ができていた。ある凍った場所でつかまった。左フロントのタイヤを雪壁に引っかけ、スライドしてしまったので、リバースに入れなくてはならなかった。ちょっとラッキーだったと思う。自分たちのタイヤチョイスは、少し攻め過ぎたのかもしれない。2本目はサスペンションを少し変更して、タイヤがうまく機能するようになったので、少し楽しめるようになった。明日は、雨が降りそうなので、情報をよく見て適切なセッティングを決めなくてはならない」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合6位

Toyota Gazoo Racing WRC

「最初のステージのスタートは少し緊張していて、凍ったコンディションでどうなるのか、不安だった。最初は順調だったが、その後、2回スピンをして、ストールもした。その後は、かなり悔しさを残したまま走っていた。かなりタイムをロスしたが、走り切ることはできた。ドラマがあったのは自分だけではなかったと聞いて、少し安心した。2本目は慎重になり過ぎた場所もあったが、タイムはOK。明日が楽しみだ」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT]
シトロエンC3 WRC

■クレイグ・ブリーン/総合7位

Citroen

「最初のステージで路肩に30秒近くスタックし、コースに戻るためにスペクテイターの力を借りなくてはならなかった。あのマイナーミスがなければ、ベストタイムを出せていた。次のステージに向かうリエゾンで、セーフティクルーからの情報をもらうのに時間がかかり、タイムコントロールへの到着が遅れ、10秒のペナルティを受けた。スタート前に調整する時間がなかったため、タイヤの空気圧も適切ではなかった。理想的なスタートではないが、順調な時の自分のペースにはとても満足している」

■クリス・ミーク/総合9位

Citroen

「雪の上では少しアンダーステアが出ていたので、ハンドブレーキを引いたが、スピンをしながら道の真ん中でとどまった。ハンドブレーキを引くと、あちこち回ってまた走り出すことがほとんどだったので、今回は、落ち着いて、マシンを正しい方向に向けるためだけにリバースに入れるようにしたが、残念ながらスリップしてディッチにはまってしまった。本当につまらない、悔しいミスだ。次のステージもフィーリングはよくなかった。でも、ラリーはまだ先が長い」



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!