ヒュンダイのチーム代表ナンダン「2018年も各メーカーのマシンは僅差の争い」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ヒュンダイのチーム代表ナンダン「2018年も各メーカーのマシンは僅差の争い」

©Hyundai Motorsport GmbH

1月12日に行われたWRCローンチで、2018年スペックのi20クーペWRCをアンベールしたヒュンダイ・モータースポーツ。チームが2018シーズンの幕開けから使用するマシンは、2017年の終盤にティエリー・ヌービルが使用していたスペックだ。チームはここまで、使用できるジョーカーはすべて使い切っている。シーズン中盤には、新たにエンジン関連と、カムシャフトに関連するタイミングシステム、あるいはセンターディファレンシャル関連にも、新しいジョーカーを使うことになるかもしれない。

チーム代表のミシェル・ナンダンは「今、それに取り組んでいるところなので、どこにジョーカーを使うかは分からないが、おそらくセンターディファレンシャルの何かになるだろう」と語った。
「マシンが革新的に変わることはないと思う。エアロダイナミクス面で、ファインチューニングはあるだろう。2018年も各マシンの力量は、2017年のように接近すると予想している。トヨタが昨シーズンの間に大きく前進したのを目にしているし、彼らはその流れを続けていくと思う。フォードも、シーズンの終わりにいくつか新しいジョーカーを使っているし、その他にもおそらくディファレンシャルやボディワーク関連を中心に何かを出してくる」

「元々の2017年のボディワークは、設計を少し急ぎ過ぎた。それ以外は、大きくモディファイは行わなかった。マシンはパフォーマンス面ではそう悪くはなかったからだ。我々が行った変更は、主に信頼性の向上のため。昨年は、それが我々の主なターゲットだった」

「モンテカルロでは、我々は2台の新しいボディシェルを投入し、1台は昨年のものを使うことになりそうだ」
(Martin Holmes)



ワールドラリーカレンダー2019