フリーラリーカメラマンの先駆け、ヒュー・ビショップ氏逝去 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

フリーラリーカメラマンの先駆け、ヒュー・ビショップ氏逝去

©Martin Holmes Rallying/Holmes

ラリーを取材するフォトジャーナリストの大御所、ヒュー・ビショップ氏が逝去した。

ビショップ氏は1960年後期から、ラリーの国際・国内イベントを40年に渡って取材。WRCが創設される以前、ラリーの専門メディアという業務の黎明期にフリーランスのラリーレポーターとしての仕事を確立した。ビショップ氏が撮影した写真は、世界各国の雑誌に登場し、英国のオートスポーツなどの大手メディアからの信頼を受けて、長年、ビッグイベントの写真が表紙を飾ってきた。

ビショップ氏は、古きデジタル撮影のスペシャリストで、特に別々のカメラを使ってカラー写真と白黒写真を同時に撮影した作品で知られるほか、撮影ポイントを見つけるレッキ作業でも活躍した。享年72、未婚のまま旅立った。

Martin Holmes Rallying/Holmes

(Martin Holmes)



ラリプラメンバーズ2021