WRCラリーGB:SS1でラトバラが2番手タイム「トップ3以内でフィニッシュしたい」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCラリーGB:SS1でラトバラが2番手タイム「トップ3以内でフィニッシュしたい」

©TOYOTA

10月26日(木)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー・グレートブリテン(ラリーGB)が、イギリスのウェールズ北部で開幕。競技初日デイ1としてSS1が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が総合2位、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(#12号車)が総合6位、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(#11号車)が総合8位となり、3台揃って順調に競技初日を終えた。

ラリーGBのデイ1は、ディーサイドのサービスパークから約50km西北に位置する競馬場内の特設コースで競技がスタートした。SSは全長1.49kmと走行距離は短く、大きなタイム差がつきにくいコースだったが、ラトバラは1位と0.4秒差の2番手タイムを記録。ラッピ、ハンニネンも僅差でトップ10内に入り、明日から始まる本格的なグラベル(未舗装路)SSに向けて好スタートをきった。

トム・ファウラー(チーフ・エンジニア)
「今日はすべてが上手く行った。シェイクダウンは、明日から始まるSSと比較的似ているコースだったので良かったと思う。我々は事前に実りあるテストを行なっていたので、特にセットアップ作業を進める必要はなかったが、パフォーマンスと信頼性の両面において問題がないことを確認できた。ウェールズの路面コンディションは他のグラベルラリーとは異なり、天気が良くとも路面は常に湿っていて滑りやすいのが特徴。なので、そのような路面に合うようにクルマを仕上げた。明日の朝、SSが始まるまでは、どれくらい競争力があるのか分からないが、少なくとも現時点ではとても自信がある」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「シェイクダウンのコースでは、私が予想していた以上にグリップ力があった。最初の走行ではクルマが少しオーバーステア気味に感じられたが、微調整を施したところハンドリングは良くなり、クルマにはとても満足している。また、SS1でも良いフィーリングを得られた。明日のSSでもっとも重要なのは、ブレーキングに自信を持つこと。というのも、路面のグリップレベルが刻々と変化するからだ。私は2002年に17才で初めてラリーGBに出場し、今回が16回目の出場になる。何も問題なくラリーを走りきれば、トップ3以内でフィニッシュできるのではと期待している」

ユホ・ハンニネン
「正直なところラリーGBはあまり好きなラリーではないが、シェイクダウンでクルマはとても良くタイムも上々だった。路面は常に滑るというわけではなく、それなりにグリップがあったので少し自信を持つことができた。今晩の競馬場内でのSS1も予想していたよりもグリップ力があった。明日は日中のサービスがない長い1日となるので、速さと安定性のバランスをとったアプローチで臨む必要がある。また、ロングステージのハフレンはレッキ(コースの下見走行)の時は泥で覆われていたので、大きな挑戦となるだろう。リラックスしてドライブすれば、きっとうまく行くはずだ」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「先週のテストはドライコンディションだったが、今日のシェイクダウンは路面が非常に湿っていたのでグリップレベルを確かめながら走らなくてはならず、走り始めはあまり自信が持てなかった。クルマにもささいな問題があったがSS1の前に解決することができた。明日の金曜日は日中のサービスがないため、コースオフは許されない。かなり大変な1日となるだろう。直近の2戦は問題なく最後まで走りきることができなかったので、今回はポイント圏内でのフィニッシュを目標に走る」

TOYOTA

WRCラリーGB SS1終了後暫定リザルト
1. セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC) 1.09.7
2. ヤリ‐マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +0.4
3. オット・タナク(フォード・フィエスタWRC) +0.6
4. エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC) +1.1
5. アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) +1.1
6. エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC) +1.2
7. ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) +1.2
8. ユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC) +1.3
9. クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC) +1.3
10. ヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC) +1.6



ラリプラメンバーズ2018 募集開始!!