WRCスペイン:ハンニネンが総合4位フィニッシュ、ターマックでヤリスの速さを示す – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:ハンニネンが総合4位フィニッシュ、ターマックでヤリスの速さを示す

©TOYOTA

10月8日(日)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦ラリースペインの最終日となる競技3日目、デイ3がスペインのサロウを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(トヨタ・ヤリスWRC #11号車)が総合4位でフィニッシュした。

ラリースペインのデイ3は、サロウのサービスパークを中心に、6本のターマック(舗装路)SSが行われた。その合計距離は74.26kmと3日間でもっとも短いが、3本のステージを、途中にサービスをはさむことなく各2回走行するため、大きなミスは許されない。ターマック初日のデイ2で2本のSSベストタイムを刻み8位から4位に順位を上げたハンニネンは、デイ3でも安定した走りを続け、午前中のSSでは3番手タイムを2回記録。4位の座を堅守し、2戦連続となる4位フィニッシュを果たした。ハンニネンが最後にラリースペインに出場したのは2011年だが、そのブランクをまったく感じさせない力強い走りを実践。ヤリスWRCのターマックでの進化を、タイムと結果で証明した。なお、デイ2で総合6位につけていたラッピは、デイ3のSS15でクルマをガードレールにヒット。ダメージを負って走行不能となり、リタイアに終わった。

■トミ・マキネン(チーム代表)
「4位というユホの結果を嬉しく思う。金曜日のグラベルでは3名のドライバー全員が苦戦したが、ターマックでのヤリスWRCのパフォーマンスは非常に高く、ユホは本当に素晴らしい走りをしてくれた。また、チームの不断の努力が結果となって表れ、報われたのも喜ばしい。今朝のエサペッカのリタイアは残念だが、きっと彼はこの週末から多くを学んだはずだ。ヤリ-マティの戦いが早々に終わってしまったことも残念だったが、クルマのポテンシャルは十分に高いと思えたラリーだった」

■ユホ・ハンニネン
「結果には心底満足している。昨日と今日は、自分のこれまでのキャリアの中でもっとも楽しく感じられた2日間だった。昨日は本当に素晴らしい走りができ、今日は前の選手とのタイム差が大きく開いていたので、とにかく安定した走りを心がけた。ヤリスWRCはターマックでとても走りやすく、タイムを出すために大きなリスクを冒す必要がなく、クルマを信頼して走ることができた。私は長い間ラリースペインに出ていませんでしたが、それでも上位争いに加われたことは、私にとって非常に重要なことだ」

TOYOTA

■エサペッカ・ラッピ
「路面の変わり目で、クルマが予想以上に滑ってしまった。あれほど大きくグリップが変わるとは思っていなかった。今後に向けて、またひとつ課題が見つかったと思う。正直なところフラストレーションが溜まる週末だったが、このラリーでヤリスWRCの経験を積むことができ、また土曜日の午後にそこそこのスピードで走ることができたのは、収穫だった。クルマはターマックでも非常に良いフィーリングだったので、ポジティブな要素も多かった」

TOYOTA

次戦は10月26日から29日にかけて、イギリスのウェールズで開催される第12戦「ラリー・グレートブリテン」。かつて「RACラリー」という名で開催されていた伝統のグラベルラリーに、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamはラトバラ、ハンニネン、ラッピのヤリスWRC 3台体制で臨む。ラリーはウェールズ北東部ディーサイドのサービスパークを中心に行われ、SSは21本、計304.36km。10月末のウェールズは天気が変わりやすく、雨、霧、そして雹(ひょう)の可能性もある。雨が降るとグラベルはぬかるみ非常に滑りやすくなるため、クルマのコントロール性が重要となってくる。

■WRCスペイン 最終リザルト
1. クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC) 3:01:21.1
2. セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC) +28.0
3. オット・タナク(フォード・フィエスタWRC) +33.0
4. ユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC) +54.1
5. マッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタWRC) +2:26.2
6. ステファン・ルフェーブル(シトロエンC3 WRC) +2:43.0
7. エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC) +4:37.4
8. テーム・スニネン(フォード・フィエスタR5) +8:22.7
9. ヤン・コペッキー(シュコダ・ファビアR5) +8:54.5
10. オーレ・クリスチャン・ベイビー(シュコダ・ファビアR5) +9:04.8
R. エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)
R. ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)

■デイ3ハイライト動画



ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018