WRCドイツ:特殊な路面のターマックラリーに3台のヤリスWRCが挑む – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCドイツ:特殊な路面のターマックラリーに3台のヤリスWRCが挑む

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingは、8月17日(木)〜20日(日)に開催されるWRC第10戦ラリードイツに、ヤリ-マティ・ラトバラ、ユホ・ハンニネン、エサペッカ・ラッピの、3台のヤリスWRCで参戦する。第4戦ラリーフランス以来となるターマックラリーで、チームはヤリスWRCのターマックでのさらなる性能向上を目標に戦う。

前戦ラリーフィンランドで、ラッピの活躍によりシーズン2度目の優勝を手にしたチームは、夏の終わりを迎えるドイツで新たなる戦いに挑む。ラリードイツは、非常に特殊なターマックラリーといわれており、コースのキャラクターは大きく3つに分かれる。ワインの名産地として知られるモーゼル河畔のステージは、ブドウ畑の中の狭く曲がりくねった道が特徴。軍事演習場バウムホールダーが舞台となる「パンツァープラッテ」をはじめとするステージは、コンクリート舗装のような特殊な路面が多く、雨が降るとタイヤのグリップが大きく低下する。パンツァープラッテでは道のすぐ脇に大きな石のバリケードが並んでおり、少しでもコースアウトすれば大きなダメージを負う。さらに、一般的なワインディングステージも多く、選手たちは様々なターマックステージと対峙する。また、この時期は天候が変わりやすく、コースコンディションに合ったクルマのセットアップと、タイヤ選びがラリードイツでは重要になる。

今年のラリードイツは、ボスタルジー(ボスタル湖)がラリーの中心となり、湖畔にサービスパークが展開される。ステージの多くは去年までと変わっていない。競技は8月17日(木)に、ザールブリュッケンのスーパーSSでスタート。18日(金)はブドウ畑の中のステージが主戦場となり、19日(土)は軍事演習場内でのSSをハイライトに、今大会最長の41.97kmのパンツァープラッテ(SS10/SS15)を含む9本のSSで競われる。競技最終日の20日(日)は4本のSSで構成され、最終ステージのSS21はパワーステージに指定されている。ラリーは4日間で21本のSSを走行し、その合計距離は309.17km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は1165.25kmとなる。

TOYOTA

トミ・マキネン
「純粋なターマックラリーは今シーズン2回目。ラリーフランス以降に施した改善の数々が、フランスとはまた異なるドイツの道でどのように機能するのか、興味深いところです。先週行ったプレイベントテストでは、ダンパーなどいくつか新しいパーツを試すなど、ターマックに関する開発は現在も続いています。ドイツはとにかくコースが特殊で難しく、早い出走順の選手のほうが良い路面コンディションで走ることができるため、有利になります。ラリーフィンランドでの良い結果を受けて、選手たちはクルマに対しとてもポジティブなフィーリングを持っており、良い雰囲気です。ヤリスWRCはドイツの道との相性も良いと思いますので、とても楽しみです」

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ

「例年通り、ラリードイツでは雨が降る可能性が高いため、プレイベントテストで雨の走りを経験できたのは良かったです。ヤリスWRCのターマック仕様は、ラリーフランスを戦った時とほぼ同じです。しかし、ドイツのコースはコルシカ島よりもコーナーが少なく、ジャンクションに進入する際は高い速度域からハードなブレーキングを行います。ブレーキングはタイムに大きな影響を及ぼすので、テストでは主にブレーキングの改善に努めました。また、サスペンションについても改善を進め、ラリーフランスの時よりも少し柔らかめのセッティングで走ることになるでしょう。ラリードイツは今季もっとも難しいラリーのひとつで、ライバルも非常に手強いため、5位以内に入ることができれば満足です。そして、もし表彰台に上がることができたならば、それは本当に素晴らしい結果だといえます」

TOYOTA

ユホ・ハンニネン
「ラリーフィンランド以降、とても良い調子を保てています。ラリードイツに出るのは久しぶりですが、今年序盤のラリーモンテカルロやラリーフランスなど、ターマックラリーでは速さを示すことができたので、今回も競争力を持って戦えると思っています。ドイツは天気が変わりやすく、雨が降るとデイ2のブドウ畑内のコースは道に泥が流れ出しとても滑りやすくなります。デイ2をやや遅目の出走順で走る私にとっては、チャレンジとなるでしょう。しかし、ユニークなバウムホールダーのステージなど、ラリードイツはとても面白いラリーなので楽しみです」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「フィンランドでは優勝することができましたが、ドイツに対するアプローチは何も変わりません。自分にとってフィンランドはもっとも馴染み深く自信のあるラリーでしたが、ドイツはある意味真逆です。さらにWRカーでターマックラリーに出るのも今回が初めてです。ですが、ヤリスWRCはレーシングカーのようなフィーリングがあり、グラベルよりターマックの方が走りやすいかもしれません。エアロダイナミクスを含めたクルマのポテンシャルは非常に高く、エンジンのパワーがタイヤのグリップ力を上まわっているため、タイヤの性能を保ち続けるためには、とにかくクリーンで丁寧な運転が求められます。問題なく最後までこのラリーを走り切り、5位以内でフィニッシュしてポイントを獲得することが、今回の私の目標です」

ラリプラメンバーズ2020