リンドストロームがトヨタのスポーティングディレクターに就任、オーストラリア戦は2台体制 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

リンドストロームがトヨタのスポーティングディレクターに就任、オーストラリア戦は2台体制

©TOYOTA / @World

2018年のWRC参戦ドライバーを発表したトヨタ。ヤリ−マティ・ラトバラ、エサペッカ・ラッピにオット・タナクを加えた3人での参戦体制を明かした。

同時に、現在ユホ・ハンニネンのコ・ドライバーを務めるカイ・リンドストロームが、今シーズン最終戦のラリー・オーストラリアより、チームのスポーティングディレクターに就任することも発表。ヤルモ・レーティネンの後任に就く形となる。このオーストラリア戦は、ハンニネンは参戦せず、ラトバラとラッピ、2台のトヨタ・ヤリスWRCでのエントリーとなることをwrc.comが伝えている。

リンドストロームは、チーム代表を務めるトミ・マキネンのコ・ドライバーを務めた経験があることでも知られる。リンドストロームのスポーティングディレクター就任についてマキネンは「新たなポジションに就いたカイ・リンドストロームにも、お祝いの言葉を送る。彼と一緒に戦ったモンテカルロで勝利を納めたことは、私のドライバーとしてのキャリアにおける大切な思い出」とコメント。
「あの時、またそれ以降、彼と共に過ごした経験から、彼がプロ中のプロであることを知っている。今後もチームの発展を支える、強力な仲間となってくれることだろう」



RALLY PLUS