オット・タナクがトヨタに加入、2018年WRCドライバーラインナップを発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

オット・タナクがトヨタに加入、2018年WRCドライバーラインナップを発表

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingは、WRC参戦2シーズン目となる2018年のTOYOTA GAZOO Racing WRTの参戦ドライバーラインナップを発表した。今季参戦しているヤリ‐マティ・ラトバラ、エサペッカ・ラッピに加え、オット・タナクを起用し、3台のトヨタ・ヤリスWRCを全戦に投入する。

一方、現在ユホ・ハンニネンのコ・ドライバーを務めるカイ・リンドストロームは、今シーズン最終戦のラリー・オーストラリアより、チームのスポーティングディレクターに就任する。新体制により、2018年シーズンも、もっといいクルマづくりを目指す挑戦を続けるとしている。

発行されたチームリリースで、トミ・マキネン(チーム代表)は次のようにコメントしている。
「かねてから注目していたオット・タナク選手をチームに迎えることができて嬉しいです。彼は若さと経験の理想的なバランスと、メンタルの強さを兼ね備えており、我々のチームによく馴染んでくれると思います。タナック選手は今季期待を上回る活躍を見せており、あらゆる路面において、スピードと安定したパフォーマンスを残せる、我々の強力なパートナーとなるはずです」

「また、新たなポジションに就いたカイ・リンドストロームにも、お祝いの言葉を送ります。彼と一緒に戦ったモンテカルロで勝利を納めたことは、私のドライバーとしてのキャリアにおける大切な思い出です。あの時、またそれ以降、彼と共に過ごした経験から、彼がプロ中のプロであることを私は知っています。今後もチームの発展を支える、強力な仲間となってくれるでしょう」

「最後に、ユホ・ハンニネンのこれまでの貢献に深い感謝の意を表します。彼はこれからも変わらず我々のファミリーの一員です。チームがここまで来られたのは、彼の力があったからこそです」

タナクは今季、MスポーツWRTからフォード・フィエスタWRCで全戦に参戦中。第11戦スペインを終えた時点で、ドライバーズ選手権2位につけている。

RALLY PLUS