全日本ラリーモントレー:ベスト連発の新井敏弘が奴田原を抑えて初日首位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリーモントレー:ベスト連発の新井敏弘が奴田原を抑えて初日首位

新井敏弘

©RALLY PLUS

全日本ラリー選手権第5戦「モントレー2017 in 嬬恋」は、6月10日(土)に9カ所のスペシャルステージを走行し、新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)がトップに立った。2.8秒差の2位には奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX)がつけている。

優勝候補に挙げられていた勝田範彦、福永修が遅れる一方、今シーズンここまで勝利に恵まれていない新井がオープニングステージから4連続ベストタイムをたたき出し、首位を快走する。後半のセクションで奴田原に差を詰められたものの、「SS8は霧がひどかった上に、デフロスターの調子が悪くて、差を詰められてしまいましたね。このラリーに向けてセッティングを戻したのが良かったのだと思います」と、笑顔を見せた。

僅差の2位につける奴田原は「SS8では新井選手に追いつこうと頑張ったんですけど、マシンをヒットさせてしまいました。それでも差を少し詰められたのですが、まだ届きませんでしたね」と、肩をすくめる。3位は後半のセクションで追い上げた勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)が続く。

RALLY PLUS