JAFモータースポーツ審査委員会が奴田原の控訴を棄却、開幕戦JN6の正式結果が確定 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

JAFモータースポーツ審査委員会が奴田原の控訴を棄却、開幕戦JN6の正式結果が確定

©RALLY PLUS

JAFモータースポーツ審査委員会は、2月3~5日に開催された2017年全日本ラリー選手権開幕戦「ラリーオブ嬬恋」で奴田原文雄が提出した控訴を棄却する内容の裁定書を公示した。これによりラリーオブ嬬恋のJN6クラスの正式結果が確定した。

審査の対象となったのは、JN6クラス1位でフィニッシュした勝田範彦/石田裕一組が使用していたタイヤが、本競技の特別規則書17.1に規定された「使用タイヤは日本国内で市販されている一般用スタッドレスタイヤに限り使用可能とする」との規則に違反したものではないかというもの。JAFモータースポーツ審査委員会は「日本国内で市販されている一般用スタッドレスタイヤ」に当たらないと断定することはできないとして控訴を棄却した。

今回の裁定でラリーオブ嬬恋のポイントが確定し、第3戦を終えて奴田原がランキング首位、7ポイント差で勝田、3番手に竹内源樹がつけた。以下、福永修、新井敏弘、鎌田卓麻となっている。

2017年全日本ラリー選手権 JN6クラス ドライバーランキング(第3戦終了時)

順位ドライバーポイント
1奴田原文雄61.0pt
2勝田範彦54.0pt
3竹内源樹29.6pt
4福永修25.0pt
5新井敏弘24.0pt
6鎌田卓麻21.0pt

(5/13 奴田原選手のポイント計算の誤りを訂正しました)

RALLY PLUS