PDノート、サバイバル戦となった久万高原スペシャルムービーを公開 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

PDノート、サバイバル戦となった久万高原スペシャルムービーを公開

 

2017年4月28〜30日に開催された全日本ラリー選手権第3戦「久万高原ラリー Supported by Sammy」で、JN1クラスに参戦したプレイドライブYHノートNISMO S(PDノート)は、参戦2戦目で3位表彰台を獲得した。

今回のプレイドライブTVは、傷だらけになりながらも走りきったPDノート伊藤隆晃/大高徹也組の久万高原ラリーダイジェストとなっている。

初日、PDノートはSS2「大川嶺」の下り区間でブレーキがフェードし、スピードを落とし切れず土手にヒット。フロントサスペンションを破損してしまう。その日の午後はハンドリングに問題を抱えたままの走行を余儀なくされ、初日を7番手で終える。

問題を修復して臨んだ2日目、ロングステージのSS5「美川」で2番手タイムを刻み、追い上げにかかる。そして「美川」のリピートステージとなるSS7では上位の3台がリタイアする波乱の展開に。PDノートもコースオフで左サイドミラーが脱落するアクシデントに見舞われたものの完走を果たし、3位表彰台を獲得した。



ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018