WRCアルゼンチン:初日のSS1を終え、首位はMスポーツのオジエ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチン:初日のSS1を終え、首位はMスポーツのオジエ

©M-SPORT

WRC第5戦アルゼンチンは、4月27日(木)にスタートし、この日の夜にオープニングイベントとしてSS1が行われた。全長1.75kmというコルドバの市街地SSを制したのは、Mスポーツのセバスチャン・オジエ。0.9秒差の2番手にはヒュンダイのダニ・ソルド、同タイムでMスポーツのエルフィン・エバンスがつける展開となった。

HYUNDAI

スーパーSSは、コルドバ市内を流れるスキア川を挟んだ両岸にコースが設定されたユニークなもの。市街地のため大半はアスファルトだが、一部にグラベルセクションも設けられ、橋のジャンプ台やラウンドアバウトも活用し、グラベルスペックのWRカーのアクションを楽しめる構成となっている。

TOYOTA

各選手はリバースオーダーでスタート。Mスポーツのロレンツォ・ベルテッリから、WRカー13台が次々にコースインしていった。途中、5番手スタートのエルフィン・エバンス(Mスポーツ)が好タイムでリーダーの座に立つが、続いてヒュンダイのダニ・ソルドが並び、上位陣最後のセバスチャン・オジエがトップを奪う格好となった。トヨタ勢は、シェイクダウンテストでトップタイムを出したヤリ‐マティ・ラトバラがオジエから2.1秒差の5番手、ユホ・ハンニネンは3.8秒差の10番手としている。

CITROEN

本格的なグラベルステージが始まる28日(金)は、SS2〜SS9。コルドバ南部に設けられた20km前後のステージと、カルロス・パス近郊のスーパーSSを2回ずつ走行する計8SS、140.56kmが設定されている。出走順がどう影響するのかという点にも注目したい。オープニングのSS2は、日本時間28日(金)20:38にスタートする。

WRCアルゼンチンSS1終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC1:53.8
2ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+0.9
3エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+0.9
4ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+1.6
5ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+2.1
6マッズ・オストベルグフォード・フィエスタWRC+2.4
7ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+2.5
8クリス・ミークシトロエンC3 WRC+2.7
9オット・タナクフォード・フィエスタWRC+3.1
10ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+3.8
RALLY CARS